京都の水回りのトラブルなら水のトラブルサポートセンター

キッチンのシャワーホースが水漏れしたときには

よくあるシンクのトラブル

キッチンのシンクについている蛇口が、ヘッドの部分を引っ張ると、伸びるタイプがあります。
シャワーホースになっていると、シンクの隅々まで水を行き渡らせることができるため、清潔に保てるメリットがあります。
そのため、採用している家庭が多いです。
キッチンは毎日使うものなので、突然、水漏れしてきたといったトラブルも多く、使いにくいまま我慢している人も多いのではないでしょうか。
水が出ないのであれば直さなければなりませんが、逆に止まらない場合は使えないわけではないため、少しくらいの水漏れなら、わかりながら放置しているケースも少なくありません。
今は問題ないかもしれませんが、このような状態で使い続けると悪化して吹き出してしまうことや、水道料金も無駄にかかってくるため、できるだけ早い段階で対処しましょう。

主に3つの発生箇所

キッチンのシャワーホースは水栓内部だけでなく、シンクの下まで伸びています。
そのため、放置しているとシンクの下まで水浸しになる危険性があります。
雑巾やバケツでは対処できないほどの量が、水漏れする可能性も考えられるため、まずは発生箇所や原因の特定をして、適切な処置をしなければなりません。
トラブルが発生している箇所は主に3つです。
シャワーホース本体、付け根、吐水口の3つが挙げられます。
本体はホースが収納されている部分を指します。
原因は経年劣化が多いです。
丈夫に見える素材ですが、古くなると破れたり破損します。
対処の仕方としては交換するしかありません。
付け根が水漏れしている場合は、ゴムパッキンが劣化している証拠です。
ゴムパッキンは消耗品であり、10年も同じものを使っていると、ゴムが固くなって隙間ができるようになります。
分解して同じようなゴムパッキンを購入し、新しいものに付け替えてください。
吐水口が水漏れしている場合は、蛇口本体のバルブカートリッジの故障が原因です。
水の切り替えができるボタンが壊れているかもしれません。
市販で手に入らない場合は、メーカーから同じ型番を取り寄せてください。
自分で直せない場合は、業者に依頼しましょう。
お金はかかりますが、何度もキッチンから水漏れが発生しないようにしっかりと直してもらうようにしましょう。

どんな小さな事でもお気軽ご相談ください。
京都全域対応
0120-300-330
出張見積り依頼・ご相談