京都の水回りのトラブルなら水のトラブルサポートセンター

キッチンのつまりの原因や直し方について

予防することが大切

キッチンの排水口は、洗面所のようにつまりやすいですが、なぜ起こってしまったのかが不明で、直し方もわからずに困っている人もいるのではないでしょうか。
少し流れが悪くなったと感じていても、まだ完全に詰まっていないため、放置してしまう人も少なくありません。
しかし、いずれ完全に流れなくなり、キッチンが使えなくなるので、必ず対処しなければなりません。
まずは原因を特定することから始めましょう。
よくあるつまりの原因は、固まった油、食器洗剤のカス、食材、ぬめり、固形物です。
油を捨てるときは、新聞紙で吸い取ったり固めてゴミ箱に捨てる人が多いですが、食器に付着していたり調理器具に残っている少量の油でも固まってしまいます。
それが長年蓄積されると大きな塊となるため、注意しなければなりません。
洗剤のカスは、排水管にこびりついてしまうのが原因です。
これらの直し方は、定期的に排水口の奥まで綺麗に掃除することです。
パイプクリーナーを使うと予防できます。

プロにお願いするのも一つの方法

調理した食材の切りくずは、ぬめりと一緒に腐食して悪臭を発生させます。
これもパイプクリーナーで改善することができます。
また、排水口にネットをかけて、切りくずが流れていかないように予防するのも大切です。
定期的に綺麗にしておけば、一回一回の掃除が楽になるため、完全に詰まってしまう前に対策しておきましょう。
スポンジやキャップなどの固形物も注意が必要です。
小さなものでも誤って落とすとパイプでつまり、管を外して取り除かなければなりません。
専用の道具が必要になる場合もあるため、自分ではできないと判断したときは業者に依頼すると安心です。
これらの原因に当てはまらず、直し方が不明な場合も水道工事業者に修理を頼みましょう。
また、キッチン用のすっぽんや熱湯を流しても解消されない、手の届かないところまで進んでしまったなどという場合は、すでに自分では直せないほど悪化していることが考えられます。
下手に作業をすると、余計に悪化するかもしれません。
症状がひどいほど修理費も高くなるため、できるだけ症状は最小限にとどめておくことをおすすめします。

どんな小さな事でもお気軽ご相談ください。
京都全域対応
0120-300-330
出張見積り依頼・ご相談