京都の水回りのトラブルなら水のトラブルサポートセンター

キッチン水漏れの保険適用までの手順については

自然災害にも適用される

保険で補償されるのは、水災など自然災害の被害を受けた時だというイメージを持っている人も多いでしょう。
しかし、よく発生する水漏れトラブルにも適用されることがあるのです。
自己負担だと思って高額なお金をかけて直したのに、後から対象になっていることを知ると損をした気分になります。
そのようなことがないように、知識や手順を知っておくことが大切です。
水漏れが対象になるのは、火災保険と個人賠償責任保険です。
しかし注意しなければならないことがあります。
例えば、火災保険は基本的なものでは対象外となり、通常の内容に付加する形で加入する水漏れ補償に入っていなければなりません。
後から申請しても意味がないため、加入時に付加しておくと良いでしょう。
また、建物とその建物の中にある不動産に対する補償ですが、実際は家具や日用品は対象外となるケースが多いです。
キッチンの水道管や排水管、給水タンクなどの給排水設備に起きた事故は該当します。
老朽化やキッチンの設置ミス、誤った使い方が原因など、個人の不注意で起きたトラブルは保障の範囲になりません。

集合住宅で入っておきたい保障

個人賠償責任保険では、加入者の自宅の被害ではなく、マンションやアパートなどの集合住宅で階下の住人に迷惑をかけてしまったときに適用されます。
キッチンのシンクから水が吹き出すほどの水漏れで、雑巾では対処できないくらい床が濡れて、階下にまで被害が拡大したときなどです。
迷惑をかけてしまったことに対して申し訳なさもありますが、それに加えて高額な費用を請求されると精神的に受けるダメージが大きいでしょう。
そのようなことを防ぐために、集合住宅に住む人は加入しておきたい保障だと言えます。
家族の中で誰か一人でも入っていれば補償されますが、わざと怪我をしたり怪我をさせたりしてしまった、仕事中の事故、他人から借りたものを壊してしまった時は範囲外です。
また、この保険は単体では入ることができません。
通常は、自動車保険や損害保険、クレジットカードに付帯しているものです。
いざという時に備えて、自分が何に入っているのかを内容を確認しておきましょう。

どんな小さな事でもお気軽ご相談ください。
京都全域対応
0120-300-330
出張見積り依頼・ご相談