京都の水回りのトラブルなら水のトラブルサポートセンター

洗面所の床が水漏れしたときの確認するポイントとは

チェックすべき点を知ろう

洗面所の床を見て濡れている場合は、水漏れしている可能性が高いです。
洗面台で髪の毛を洗った後や、お風呂から上がった時に濡れてしまうのは普通ですが、何度拭いても床がじわじわと湿ってくる時は、水漏れトラブルを疑ったほうが良いかもしれません。
洗面所の床から水漏れした時に確認すべきポイントは5つあります。
1つ目はどこに原因があるのかです。
蛇口のホース、止水栓、パイプなど、つなぎ目をチェックしてみてください。
手間がかかりますが、洗面台の下にしまっている日用品も取り出してください。
場所がわかりにくい時は、一度、蛇口をひねって水を流してみると、判断がしやすいかもしれません。
2つ目のポイントは、洗濯機周辺です。
洗面所の下が濡れている場合も必ず、そこに原因があるとは限りません。
特に、マンションやアパートは洗濯機置き場に防水パンという設置台がありますが、その中の排水口から溢れてくるケースがあります。
これは排水口が詰まっていることで発生するため、つまりを解消しなければなりません。

わからなければ業者に相談

3つ目に確認すべきポイントは、シャワーホースやシャワーヘッドです。
ホースに問題があれば、新しいものに交換すれば直るというイメージがありますが、それだけでは解決しないこともあります。
シャワーヘッドは、簡単に取り外しができます。
ゴムパッキンが劣化している可能性があるため、ホームセンターで販売されているものなど、市販のものと交換してみると良いでしょう。
4つ目は給水管ですが、これもゴムパッキンの劣化が考えられます。
10年以上同じものを使っている場合は要注意です。
古くなるとゴムがすり減ったり、硬くなったりして隙間ができているかもしれません。
最後のポイントは排水パイプです。
これはナットの緩みが問題であるケースが多く、締め直してみてください。
もしくは、穴が空いているか、古くなっているなども考えられるため、交換する必要があります。
これらを確認しても原因がわからない場合は業者に依頼することをおすすめします。

どんな小さな事でもお気軽ご相談ください。
京都全域対応
0120-300-330
出張見積り依頼・ご相談