京都の水回りのトラブルなら水のトラブルサポートセンター

洗面所の水漏れで蛇口をレバータイプに交換する方法とは

蛇口の種類

蛇口の種類


最近の洗面所の蛇口は、レバータイプが用いられていることが多いです。
古い物件は昔ながらのハンドルを回して開け閉めするものが主流ですが、今ではレバーを上下に上げ下げするだけで簡単に水を出したり止めたりすることができます。
温度調節も左右にずらすだけで簡単であるためとても便利です。
ハンドルは劣化すると動きが悪くなって、ひび割れや破損することも少なくありません。
このようなことが起きると水漏れに繋がります。
壊れている部分だけを新しいものに変えるとその時だけ直りますが、他の箇所もいずれ劣化して再び水漏れが発生する可能性が高いです。
まだ昔のものを使っている人は、水漏れなどのトラブルをきっかけにレバータイプに交換することを検討してみてはいかがでしょうか。
何度もパーツを買い替えたり、修理を繰り返したりするよりも安く済むかもしれません。

作業の手順



作業の手順


交換する方法は、はじめに洗面所の蛇口を取り外します。
左右に赤と青のカラービスがついてあるため、ドライバーや細いキリなどで剥がしてください。
そうすると十字ネジで固定されていることが確認できるでしょう。
これをプラスドライバーで緩めていきます。
グラグラになった状態でハンドルを引き上げると簡単に外れるはずです。
しかし、長年使っていた場合は、錆びて固くなっている可能性があります。
均等に動かしながら力を入れて引き上げると取れますが、外れないときは滑りをよくするために機械メンテナンス用の薬剤を使ってください。
次に、アダプターを取り付けていきますが、洗面所のメーカーに応じて適切なアダプターを選ばなければなりません。
アダプターをはめたら、レバーを被せてネジを締めて、最後にカラービスをはめて完了です。
グラグラする時は締めが弱いため、しっかり固定しましょう。
お湯や水がしっかり出てくるか確認し、問題がなければ成功です。
ラバータイプの交換は、間違った方法で行うと破損の原因になるため、心配な人は業者に依頼することをおすすめします。

どんな小さな事でもお気軽ご相談ください。
京都全域対応
0120-300-330
出張見積り依頼・ご相談