京都の水回りのトラブルなら水のトラブルサポートセンター

洗面所の水漏れで排水パイプの交換方法について

洗面台の下から水が出てきた

洗面台の下から水が出てきた


洗面所は毎日使うものですが、トラブルが発生することがあります。
10年以上使っていると、劣化して水漏れすることも少なくありませんが、水漏れする箇所は様々です。
特に排水パイプからの水漏れは、洗面所のトラブルの中で発生することが多い傾向にあります。
洗面所の下に日用品のストックを入れている人もいるのではないでしょうか。
スペース以上に収納してしまうと、負担をかけて排水パイプが外れることがあるため注意しなければなりません。
修理できないほど壊れてしまった時は、交換が必要です。
交換方法を知り、まずは自分で対処してみてください。
基本的に管は床を超えてその下の床まで続いています。
プレートを外せば下の様子も確認できるでしょう。
日用品などを収納している場合はすべてを取り出し、止水栓を閉めてから作業してください。

取り替える方法を知ろう


取り替える方法を知ろう


交換手順はまず、排水パイプを分解していくことから始めます。
いくつか分解できる部品がありますが、それぞれナットで固定されているのが確認できるでしょう。
はじめはS字トラップから外して、床に差し込まれているホースを取ります。
プレートもプラスドライバーやマイナスドライバーなどの工具を使って、緩めながら外してください。
十字ネジはプラスドライバーを使い、シールテープの場合はマイナスドライバーで剥がすようにするのがポイントです。
外す時は水が滴る可能性があるため、下にバケツをおいてから行うと濡れません。
管がくるくる回って外せない時は、一つの手で押さえながら行うと簡単です。
プレートを外すと穴があいていますが、そこに差し込まれているホースを引っ張り出します。
次に新しい管を取り付けていきますが、取り外した時の逆の手順で組み立て直していきましょう。
この時に防臭ゴムの取り付けを忘れないように注意してください。
ホースが長い時は切って調節し、最後に水を出して漏れていないかを確認して完了です。
手順がわかっていれば初めての人でも作業ができるはずですが、自分で直せないと判断した時は、無理に直そうとせずに業者に依頼してください。

どんな小さな事でもお気軽ご相談ください。
京都全域対応
0120-300-330
出張見積り依頼・ご相談