京都の水回りのトラブルなら水のトラブルサポートセンター

キッチンの排水溝がつまったときの料金相場について

修理にはどれくらいお金がかかる?

修理にはどれくらいお金がかかる?


キッチンの排水溝は、奥の方までしっかりお掃除しなければ、つまりを引き起こします。
キッチンを使い終わった後は、受け皿だけ洗って済ませている人も多いのではないでしょうか。
しばらく排水溝を掃除していないと、汚れは更にひどくなります。
排水溝の掃除は手間がかかるため、また今度綺麗にすれば良いと思いがちです。
しかし、放置しすぎると掃除をするだけでは解消されないほどつまり具合が悪化します。
その場合は業者に依頼しなければ改善されないでしょう。
そこで気になるのが料金の相場です。
状況によって作業費が異なりますが、相場を知っておくことが大切です。
一般的に、軽度なつまりであれば料金はそれほどかかりません。
例えば、真空ポンプを使って解消したときです。
6000円から高くても1万円以内で収まりますが、それに出張料がかかるとプラスで2000円〜4000円かかると思っておきましょう。
安くても何度も修理を依頼していると、お金の無駄であるため定期的にメンテナンスしてください。
また、真空ポンプで直ったように見えた場合も、根本的な原因が解決していなければまた水が流れなくなります。
一時的にすぎないため、根本を解決するようにお願いしましょう。

修理内容で異なる


修理内容で異なる


キッチンの排水ホースに異常がある場合は、交換しなければなりません。
これにかかる費用は作業に6000円〜8000円、出張料に2000円〜4000円、そして交換にも2000円〜4000円ほどかかります。
自分で新しいホースを買ってしまえば安くなるイメージがありますが、部品交換工賃など別途料金が必要になるケースもあるため確認してください。
排水溝の奥で油が固まってしまったことが原因であれば、高額になる傾向にあります。
それは素人では扱えない専門機材が必要になり、時間もかかるからです。
作業代で8000円〜13000円、機材を使えばプラスで8000円〜15000円かかると思っておきましょう。
高圧洗浄機が必要な場合は、25000円以上は必要です。
業者によっても異なりますが、相場を目安にして依頼してみてはいかがでしょうか。

どんな小さな事でもお気軽ご相談ください。
京都全域対応
0120-300-330
出張見積り依頼・ご相談