京都の水回りのトラブルなら水のトラブルサポートセンター

キッチンの水漏れで水栓パッキンを交換するときには

慌てずに対処しよう

慌てずに対処しよう


キッチンの蛇口から水漏れすることがありますが、突然のトラブルに慌ててしまった経験もあるのではないでしょうか。
キッチンの水漏れといっても原因や発生箇所も様々で、それぞれ直し方も異なります。
しかし、すぐに対処しなければ被害が拡大するため、自分で直せるものはチャレンジしてみてください。
自分で直せる水漏れトラブルの一つに水栓パッキンの交換があります。
交換の手順を知っておくと、スムーズに対処できるはずです。
まずは、元栓を閉めて水が出ないようにしてください。
次に蛇口についているカラーキャップを、先端の尖ったキリやマイナスドライバーを使って、こじ開けましょう。
傷がつく可能性があるため、余計な傷をつけたくない場合は爪楊枝を使うと良いかもしれません。
カラーキャップを外すと十字ネジが見えてくるはずです。
それをプラスドライバーで緩めて外すと、ハンドルが取り外せます。
劣化が原因で錆びていると、固くなって外れにくいことも少なくありません。
その場合は左右に動かしてみてください。
それでも外れないときは業者にお願いしたほうが安心です。

取り換えできない場合もある


取り換えできない場合もある

ハンドルを外すとナットが見えてくるため、ウォーターポンププライヤーを使って外します。
水栓パッキンが確認できるため、新しいものと交換をして分解したときと逆の手順で組み立てて完了です。
全て元に戻したら、元栓を開けて解決したかどうかを確認してみてください。
このような手順で水栓パッキンを取り替えていきますが、この方法では直せないこともあります。
例えば、ハンドルタイプではなく、シングルレバータイプを使っているときです。
最近ではレバータイプが主流になりつつあるため、この方法では分解するのが困難です。
構造も複雑であるため、業者に依頼することをお勧めします。
ハンドルタイプでも形状やカタチが少し違う程度であれば、同じやり方で取り外して新しいものに替えることができるでしょう。
素人では直せないキッチントラブルも多いため、その場合はすぐに業者に連絡をしてください。

どんな小さな事でもお気軽ご相談ください。
京都全域対応
0120-300-330
出張見積り依頼・ご相談