京都の水回りのトラブルなら水のトラブルサポートセンター

トイレのつまりを予防する際に必要なこと

普段から気をつけたいこと

普段から気をつけたいこと


トイレつまりが起きて大変な思いをしたことがある人も多いのではないでしょうか。
業者を呼ぶとすぐに解決しますが、つまりが起きるたびに依頼していると、お金がかかります。
そのため、トイレトラブルが起きたら直してもらおうという考えではなく、日頃から予防することが大切です。
予防していてもトラブルが起きることもありますが、少しでも回避する努力をしましょう。
予防の一つは、トイレットペーパーの量に気をつけることです。
普段から大量に使っている人もいますが、これはつまりの原因になります。
溶けるように作られていても、一気に大量の紙を流すと排水管に上手く流れていかず、滞った状態でまた流してしまうなど悪循環です。
使いすぎないように気をつけるか、こまめに流すなど工夫をしてください。
特に、排泄物が多かったり硬かったりするとスムーズに流れていかないため、紙を使う前に一度流すのも効果的です。

当たり前だけどできていない人が多い?


当たり前だけどできていない人が多い?


レバーやボタンをしっかり使い分けることも大切です。
節水のために、排便をしても「小」を使っている人もいるのではないでしょうか。
これは正しい使い方ではありません。
尿は「大」、「小」で問題ありませんが、便の時は「小」だと足りません。
便器の水たまりに浮いていない、滞っていないなど問題なく見える時もあるでしょう。
しかし、排水管で引っかかっているかもしれません。
節水のためにやっていたことが、大きなトラブルに発展して余計な修理費がかかってしまったということがないように、上手く使い分けてください。
水に溶けないものは絶対に流さないように徹底することも重要です。
ティッシュやおむつ、ナプキンなど紙製品も溶けるだろうと勘違いしていると危険です。
水分を含むと膨張するものもあるため、燃えるゴミとして処分するように心がけてください。
気をつけていてもトラブルが発生したときは、お金がかかるからといって放置するのではなく業者に直してもらいましょう。
自分で直せなかったものは、悪化する前にできるだけ早い段階で対処してもらうことが大切です。

どんな小さな事でもお気軽ご相談ください。
京都全域対応
0120-300-330
出張見積り依頼・ご相談