京都の水回りのトラブルなら水のトラブルサポートセンター

トイレの水漏れを気づいたときに1番にすること

はじめにすることとは?

はじめにすることとは?


トイレの水漏れに気がついた時、慌ててしまう人が多いのではないでしょうか。
落ち着いて対処していかなければ、症状は悪化するだけで何も解決しません。
被害が拡大しないように、気がついたときに1番にすることについて知っておきましょう。
1番にすることは、止水栓をしめることです。
トイレの水漏れトラブルは様々な原因がありますが、止水栓をしめるだけで被害を防ぐことができます。
業者に連絡しても、到着までの間は流れっぱなしになるため、無駄に水道代がかかります。
それを防ぐ効果もあるため、必ず最初に水が流れないように手を打っておくことが大切です。
止水栓をしめた状態で業者の到着を待っていても問題がありませんが、自分で直せる場合があります。

調べてみよう


調べてみよう

自分で修理する際は、原因の特定から始めましょう。
トイレのどこから水漏れが起きているのかを探してみてください。
パイプ付近、タンク、床下、便器、ウォシュレットなどを調べると見つけることができるはずです。
パイプの場合は、内部のパーツが劣化したり緩んだりしている可能性があります。
そのような時は、締め直したりホームセンターでパーツを買って交換したりすることで解決します。
部品も様々な種類があるため、間違えないように注意してください。
また、締め直す時はゆっくり締めるのがポイントです。
一気に強い力で締めると、圧迫されて流れにくくなることや悪化してしまいます。
タンクの外側に問題がなければ内側のパーツのズレや破損が考えられるため、元の位置に戻し、新しいものに買い替えましょう。
床下や便器、ウォシュレットに異常がある場合は素人では解決できません。
配管の劣化、歪み、ひび割れは大掛かりな作業が必要になり、修理費も高くなります。
ウォシュレットは精密機器に異常がある可能性があり、分解して調べなければ詳しい原因はわからないでしょう。
自分で直せないと判断したら、業者に連絡するのが1番です。
無理に直そうとすることや放置はしてはいけません。
的確な判断をして最も効果的な対処をすることが大切です。

どんな小さな事でもお気軽ご相談ください。
京都全域対応
0120-300-330
出張見積り依頼・ご相談