京都の水回りのトラブルなら水のトラブルサポートセンター

洗面所がつまったときに知っておきたい知識とは

原因を知ろう

原因を知ろう


毎日使用する洗面所は、いつ、つまりが発生するかわかりません。
水が流れていかずに、今にも溢れ出しそうになると慌ててしまうでしょう。
洗面所がつまりを起こした時のために知っておきたい知識があります。
知っておきたい知識の1つは、なぜ詰まってしまうのかです。
原因は主に、髪の毛、滑り、水垢、固形物です。
お風呂に入った後にドライヤーで髪の毛を乾かすことや、寝癖を整えるために濡らす人が多いですが、気がつかないうちに排水溝に落ちて溜まってしまいます。
石鹸やハンドソープのカス、滑りが原因ですが、それに髪の毛が絡まりパイプに付着します。
水垢は金属イオンが炭酸塩となって固形化したもので、ひどくなる前にお掃除をして綺麗にしましょう。
固形物はピアスや指輪などのアクセサリー、歯磨き粉のキャップなどを落とすことで詰まらせます。
原因がわかると落とさないように気をつけ、定期的にお掃除をすることで予防ができるはずです。

2種類のパイプ

2種類のパイプ


排水溝の知識も身につけておきましょう。
排水溝には排水管から虫や悪臭が上がってこないようにするトラップが設置されており、S字、P字の2つの種類があります。
S字は文字の通り「S」の形をしており、床に伸びているのが一般的です。
凹みと出っ張りの部分でつまりが発生する傾向にあります。
P字も文字の通り「P」の形でパイプの最後は壁に取り付けられていますが、水が溜まっている出っ張りの部分に異常が発生することが多いです。
滑りや髪の毛が滞ってしまうと、解体して取り除かなければなりません。
このようなことを知っていても、直し方がわからなければ解決しないため、直し方を知っておきましょう。
簡単にできる方法は洗面所にパイプクリーナーを流してみることです。
汚れや滑りを綺麗にしてくれるため、軽度であれば薬剤を使えば解決します。
ホームセンターで販売しているワイヤーブラシも効果的です。
先端で汚れをかき出して、最後にパイプクリーナーを流してみてください。
自分で直せないと判断した時は、無理やり修理しようとせずに業者に依頼することをお勧めします。

どんな小さな事でもお気軽ご相談ください。
京都全域対応
0120-300-330
出張見積り依頼・ご相談