京都の水回りのトラブルなら水のトラブルサポートセンター

キッチンのつまりをお湯とタオルで直す方法とは

どの家庭でも起こる可能性があるトラブル

どの家庭でも起こる可能性があるトラブル


毎日料理をする家庭は、キッチンのつまりに注意しなければなりません。
キッチンがつまる原因の一つは、調理する際には油を使うことや、お肉などからも油が出るため、洗ったときに自然と排水口に油が流れて固まり、蓄積されていくことです。
突然トラブルが起きるわけではありませんが、長年の油汚れは簡単に落ちるものではなく、こびりついて取れないことも少なくありません。
少し前から水の流れ悪くなったという場合は早めに対処しましょう。
油だけでなく、洗剤や石鹸のカスが溜まるのもキッチンつまりの原因として挙げられます。
排水口に流しても問題ないものですが、水に溶け切らなかったものがこびりついてしまうのです。
これらの原因をどのように対処するべきか、わからない人もいるのではないでしょうか。
特別なキッチン用の道具がなくても直すことができます。

手順を知っておこう


手順を知っておこう

道具を使わずに効果があるのは、お湯とタオルを使った方法です。
フェイスタオルくらいのサイズで構いません。
使わないものを1枚用意しましょう。
雑巾だと流れてしまうことがあるため、注意してください。
まずは、排水トラップを外してタオルを排水管の入り口に詰めます。
この時、排水管に吸い込まれないようにしてください。
詰めたらシンクにお湯を入れます。
温度はぬるま湯程度です。
60度を超える熱湯は、塩化ビニル素材のパイプにダメージを与えて変形したり破裂したりする可能性があるため、必ず60度を超えないようにします。
お湯が溜まったら、詰めていたタオルを一気に引き抜いてください。
勢いよく流れていけば解消された証拠です。
症状が軽度の油つまりや食材のカスが原因であれば、解消されるでしょう。
あとは仕上げにパイプクリーナーでお掃除をすると綺麗になります。
この方法でも直らない場合は、業者に修理を依頼しましょう。
自分で直そうとする努力は大切ですが、素人では直せないほど悪化している可能性があります。
排水管内に問題がある場合や重度の状態は効果がなく、無理に道具を使って修理しようとすると余計に悪化させてしまうかもしれません。
業者に依頼した方がスムーズに直ります。

どんな小さな事でもお気軽ご相談ください。
京都全域対応
0120-300-330
出張見積り依頼・ご相談