京都の水回りのトラブルなら水のトラブルサポートセンター

固形物が原因でキッチンつまりが起こったときには

原因は油汚れだけじゃない

原因は油汚れだけじゃない


キッチンのシンクは、トラブルが起きやすい場所です。
前よりも水の流れが悪いと感じたときは、注意してください。
定期的にお掃除をしている人もいるかもしれませんが、気づかないうちに固形物が流れている可能性も考えられます。
大きなものが流してしまった時は一気につまりが起きるでしょう。
小さいものでも油が固まってこびりついたり、洗剤のカスが付着したりすると、症状が悪化していきます。
流れなくなるだけでなく、原因が生ゴミだった場合は、排水溝の奥で腐敗して悪臭がするはずです。
使いにくいだけでなく、リビングまで臭いが広がると快適には暮らせません。
しかし、固形物が詰まった時の対処法を知らない人もいるのではないでしょうか。
自分でできる対処法を知り、試してみてください。

直す方法は取り除くこと


直す方法は取り除くこと

キッチンつまりの原因で最も多いのは油汚れですが、食材のカスといった固形物も多いです。
野菜の皮を剥いたり、タネやヘタを取ったりしたときに、流れていってしまうことも少なくありません。
シンクには排水溝に流れていかないようにゴミ受けのカゴがついているでしょう。
大きなものは、そのカゴでキャッチしてくれますが、掃除をする際に移動させたり、位置がずれて隙間から入り込んでしまうことがあります。
中には、カゴの目が粗いものがあり、小さいものや細いものが、その穴を通り抜けることもあるのです。
ネットを使っていても、食材のカスが大量だと、それが原因で詰まることがあります。
自分の手が届く場所に引っかかっていれば、ゴム手袋をして取り除きましょう。
まずは排水溝のカバーなど取り外しできるものは外して、食材のカスを取り除き、汚れを綺麗にしていきます。
この時、排水管にスポンジやお掃除に使った歯ブラシなどを落とさないように注意してください。
仕上げに薬剤を流して、カビやぬめりを落とします。
パイプクリーナーは、ぬめりなどに効果的ですが、固形物を溶かすことはできません。
基本的には取り除くのが対処法です。
キッチンつまりが悪化すると自分で直すことができません。
道具を使って闇雲に直そうとすると、余計に症状がひどくなる可能性があるため、直せないと判断した時は早い段階で業者を呼びましょう。

どんな小さな事でもお気軽ご相談ください。
京都全域対応
0120-300-330
出張見積り依頼・ご相談