京都の水回りのトラブルなら水のトラブルサポートセンター

洗面所でつまりやすい場所とは

解体しなければならない箇所

解体しなければならない箇所


トイレやキッチン同様に、洗面所も毎日使用するため、つまりやすい場所と言えます。
洗面所の構造など基本的な知識を身につけておくと、突然のトラブルにも適切に対処ができ、予防ができるでしょう。
排水溝には排水トラップという水たまりを作る場所があります。
これは、下から臭いや害虫が上がってこないようにする役割がありますが、洗面所の場合はP字やS字の形をしており、曲線の部分でトラブルが発生することが多いです。
髪の毛やぬめり、石鹸のカス、固形物などが流れていくと、水たまりの部分に滞ってしまうことが多いのです。
これを取り除くためには、トラップを解体しなければなりません。
素人では簡単に解体ができないため、水道工事の業者に依頼してください。

パイプ類も要注意


パイプ類も要注意

トラップから壁、または床に伸びているのが排水パイプで、床下の配管につながっているものが排水管です。
最終的には屋外につながっていきますが、このパイプもつまりやすい場所です。
特に、鉄管を設置している場合は経年劣化により錆びていたり、穴が空いていたりする可能性があります。
塩ビの場合は汚れがつきにくく、錆びにくいためつまりにくいとされています。
排水溝の奥だけでなく、一番上に取り付けられているヘアキャッチャーが原因の場合も少なくありません。
古いタイプは目に見える場所にそのまま設置されていますが、最近のタイプはフチに押しボタンがついていて栓の開け閉めができるでしょう。
目に見えるところに設置されていれば、トラブルが起きる前に定期的に掃除ができますが、目に見えないところだと、汚れの溜まり具合がわからないため気づいたときには全く流れていかないなど重症化することがあります。
対処法としては定期的に手で取り除くことです。
髪の毛や固形物、石鹸のカスも簡単に取り除けるでしょう。
パイプクリーナーなどの薬剤やストローでお掃除をすると綺麗になります。
汚れを落としたのに改善されない場合は、ラバーカップやワイヤーブラシなどの道具を使ってみると良いかもしれません。
様々な方法を試してみたけど直らない時は業者に依頼することをお勧めします。

どんな小さな事でもお気軽ご相談ください。
京都全域対応
0120-300-330
出張見積り依頼・ご相談