京都の水回りのトラブルなら水のトラブルサポートセンター

洗面所のつまり予防のために習慣にしたいこと

薬剤を流そう

薬剤を流そう


洗面所のつまりに大変な思いをしたことがある人も多いのではないでしょうか。
全く排水溝に水が流れていかない状態になると、洗面所が使えないため日常生活に影響を与えます。
業者に連絡をするとすぐに直してくれますが、つまりが起きるたびに修理を依頼しているとお金がかかります。
そうならないためにも予防を習慣化させることが大切です。
一番の予防は薬剤を定期的に流すことを習慣化させることです。
ホームセンターやドラッグストアでも販売されているパイプ洗浄剤を、1週間または2週間に1回ほどの頻度で使うと、汚れやぬめりが綺麗に落ちます。
洗面所が詰まる原因は、ぬめりだけではありませんが、石鹸のカスや水垢などの汚れは落ちるでしょう。
定期的に薬剤を使っていると深刻なつまりは回避できます。
薬剤がないときは重曹とお酢を使うのも効果的です。

日頃から気をつけることが大切


日頃から気をつけることが大切

日頃からヘアキャッチャーに溜まる髪の毛も、こまめに取り除くことも大切な予防です。
髪の毛は、朝、寝癖を直したりヘアセットしたときや、お風呂に入った後のドライヤーを使ったときなど、気をつけていても自然に落ちてしまいますが、気がついた時にすぐ取り除くことを習慣にしましょう。
特別な道具も必要なく、手でつまむだけであるため時間もかかりません。
キャッチャーのゴミを取る際は、排水溝に流すのではなくゴミ箱に捨てるようにしてください。
流すと排水トラップで詰まるため、予防にはなりません。
しかし、それだけでは完全に防ぐことは難しいです。
毎日使う設備であるため、頻繁に掃除をしなければ汚れは蓄積していきます。
ヘアワックスがついた手を洗うと油が流れていき、石鹸をつかうと、そのカスが溜まっていくのです。
使わない歯ブラシで汚れを落とすようにするなど、小さな心がけをする必要があります。
時には、大掃除もしましょう。
しばらく放置すると黒カビが発生し、素人では取り除けない汚れが付着していることがあります。
その場合は、業者に依頼して洗浄してもらってください。
いつまでも気持ちよく洗面所を使えるように、日頃から気をつけてみてはいかがでしょうか。

どんな小さな事でもお気軽ご相談ください。
京都全域対応
0120-300-330
出張見積り依頼・ご相談