京都の水回りのトラブルなら水のトラブルサポートセンター

キッチンのつまりが発生する場所とは

放置すると悪化する

放置すると悪化する


キッチンは水まわりの中でもつまりやすい場所です。
調理中に出る食材のクズや油、洗剤が原因ですが、定期的にお掃除をしている人もいるでしょう。
毎日のように排水溝まで掃除をしていれば深刻なトラブルを防ぐことができますが、シンクだけ流して終わらせる人もいるはずです。
排水溝の掃除をしない期間が長いと、その分汚れが蓄積されて、重度のつまりが発生します。
キッチンのシンクに水が溜まるようになった場合は要注意です。
その状態は、奥の方で汚れやゴミがたくさん溜まっている段階に入っている可能性があります。
シンクに水が溜まっても時間をおけば水位が減っていくため、放置している人もいるのではないでしょうか。
そのままの状態で放置しておくと、使いにくいだけでなく、臭いが他の部屋まで広がります。
排水溝の仕組みを知り、つまりやすい場所と対策について知っておきましょう。

構造を知ろう


構造を知ろう

トラブルが発生しやすい場所は排水溝と排水管の中です。
シンクが綺麗でも、その奥の排水溝はドロドロになっている可能性があります。
キッチンのシンクから流れてくる水は排水溝に流れ、ゴミ受けの隙間を通っていくため、食材のクズなど大きなものはゴミ受けのカゴでキャッチできます。
しかし、油などの液体や小さなゴミはすり抜けて、ゴミ受けを取り外すと見える蓋のついたワントラップの方へ流れていく仕組みです。
ワントラップは排水管から臭いや害虫が上がってこないようにかぶせています。
そのワントラップを回して開けると、排水管の接続部分が見えますが、びっしりと黒いぬめりが付着しているでしょう。
これは、油汚れです。
何層にも油汚れがこびりつくと、水が通れる隙間がなくなり詰まってしまうのです。
大きな食材のクズやゴミなど取り除けるものは手で取り除き、汚れなどはパイプクリーナーで洗浄しましょう。
この方法でも解消されない時は、業者に相談してみてはいかがでしょうか。
手の届かないところも専用の機器を使って綺麗にします。
業者に解決してもらったとは、再び発生しないように定期的にお掃除をして、ゴミ受けにネットをするなどの予防することが大切です。

どんな小さな事でもお気軽ご相談ください。
京都全域対応
0120-300-330
出張見積り依頼・ご相談