京都の水回りのトラブルなら水のトラブルサポートセンター

軽度のトイレつまりの対処法とは

軽症のうちに直そう

軽症のうちに直そう


軽度でもトイレのつまりが起きると困るものです。
流れが悪く、便器内の水位が高くなるとヒヤヒヤするでしょう。
トイレつまりは軽度のうちに対処するのがポイントです。
業者に依頼しなくても解消できる対処法があります。
まずは、ラバーカップを試してみてください。
定番グッズであるため、一つは常備している家庭も多いのではないでしょうか。
ラバーカップを使っても直らない時は、使い方が間違っている可能性があります。
カップ内は真空状態にしなければならないため、ある程度の水位が必要です。
足りない時はバケツでかさを増し、多すぎる場合は汲み取ってください。
そして、排水口にぴったりとくっつけてゆっくり限界まで押し込みます。
この時、隙間ができないように角度は変えず、押し込んだら勢いよく引っ張るのがコツです。
押し込むように何度も押し引きをしても意味がありません。
また、和式は和式用、洋式は洋式用のものを使ってください。
構造や使い方が同じでも形が異なるため、排水口にマッチせず隙間ができて効果がなくなります。

道具がなくても直せる?


道具がなくても直せる?


道具がないときの対処法もあります。
それは、お湯を流すことです。
この時、電気ポットなどで沸かした熱々のお湯は流さないでください。
便器は陶器でできており、熱には弱いからです。
40度以上60度以下の温度のお湯を排水口に流し入れ、30分ほど放置しましょう。
すると自然とつまりの原因が溶けて、解消されていることがあるのです。
1度で改善されない時は、放置する時間を長くしたり数回試してみるといいかもしれません。
さらに、重曹、クエン酸もプラスするとより効果的です。
これらの方法が効果的なのは水に溶けるものが原因のときだけであるため注意してください。
スマホやおもちゃ、ティッシュなど溶けないものは業者に依頼して取り出してもらわなければ解決しません。
それを知らずに直そうとすると悪化して便器の着脱が必要になる可能性があります。
その分、修理費も高くなるため、原因がわからない時は下手に手を出さずに業者に連絡をしましょう。

どんな小さな事でもお気軽ご相談ください。
京都全域対応
0120-300-330
出張見積り依頼・ご相談