京都の水回りのトラブルなら水のトラブルサポートセンター

業者にしか直せないトイレつまりの状況とは

判断の基準

判断の基準


トイレトラブルは自分で解決できるものもあれば、業者に依頼しなければどうしようもならないケースがあります。
特に、つまりはしっかり判断しなければ、症状が悪化して大変なことになるため気をつけてください。
判断の基準は、原因です。
モノによって最適な対処の仕方が違ってきます。
水に溶けるものは自力で解決できますが、溶けないものは水道工事業者でなければ対応が難しいです。
しかし、何がつまりとなっているのかわからないケースもあるのではないでしょうか。
その場合は、少し時間を置いてみます。
溶けるものであれば、自然に解消されているケースがありますが、半日経っても変化がない時は溶けないものだと判断してください。
それでも、原因を特定できない時は下手に触らず、修理を依頼しましょう。
闇雲に手を出すと重症化して被害が大きくなる恐れがあるからです。

触ってはいけない状況もある


触ってはいけない状況もある


トイレットペーパーやお掃除シート、ペット用トイレ砂は溶けますが、一度にたくさん流したり流れる水量が足りないと途中で滞ります。
排泄物も同様です。
嘔吐物は内蔵で消化されていないため溶けません。
子供が遊びでおもちゃやおむつを便器に突っ込むこともあるでしょう。
ペンやアクセサリーなど小さいものは簡単に奥へ行きますが、サイズが大きいものは奥へ進んでいかないうちに手でひっぱり出してください。
ゴム手袋を着用して、手で掴み取ることができるはずです。
手を便器内に入れるのは抵抗があり、道具で引っ掛けて取ろうとする人もいますが、推し進めてしまう可能性があるため危険です。
溶けないものを無理矢理流しきってしまおうとすっぽんなどの道具を使うと、排水管や汚水舛で止まって便器の着脱が必要になります。
つまりが起きていることに気がつかないでレバーを回したり、ボタンを何度も押すと症状がひどくなるため、異変を感じたら何もしないようにしましょう。
確認のために流したい時は、バケツに水を汲んで少しずつ注いでください。
見極め方を間違えないためにどうしていいかわからない時は業者に連絡をしましょう。

どんな小さな事でもお気軽ご相談ください。
京都全域対応
0120-300-330
出張見積り依頼・ご相談