京都の水回りのトラブルなら水のトラブルサポートセンター

汚物が残ったままトイレがつまったときの対処法

放置は危険

放置は危険


トイレのつまりは業者に依頼するとすぐに解決しますが、汚物が便器内に残っていると恥ずかしくてお願いできないこともあるでしょう。
しかし、その状態で放置し続けると、不衛生で悪臭の原因になります。
また使えると思って、無理に使うといずれ溢れ出てくるため危険です。
完全に使えなくなると日常生活にも支障をきたすため、早い段階で業者に連絡をしてください。
トイレットペーパーや排泄物の細かいカスが残っているだけであれば、まだ使えるようなイメージがありますが、それはつまりの前兆です。
異変を見逃さないように、流した後はチェックする習慣を身につけると重症化を回避できます。
また、自分で直せる場合もあります。
それは、水に溶けるものが原因である時です。
目には見えない場所でトイレットペーパーやお掃除シートがつまり、排泄して流すと汚物が上がってきますが、その場合はお湯や重曹、クエン酸を流したりすっぽんを使うと直る可能性があります。
汚物が浮いている状態だと効き目も半減するため、バケツなどですくい取り、水位を減らしてから薬剤や道具を使ってください。
それでも解決しないときは、水道工事を業者に依頼したほうが賢明です。

溶けないものは取り出すしかない


溶けないものは取り出すしかない


溶けないものが原因のときは、その詰まっているものを取り除かなければ解決しません。
ポケットからスマホが落ちてしまった、子供がいたずらでおもちゃやおむつを突っ込んだ場合は、できるだけ早く気がつけるかがポイントです。
用を足す前に気がつければ、比較的綺麗な状態で手を突っ込むことができ、抵抗感も少ないでしょう。
しかし、知らずに用を足すと排泄物が浮いている中で対処していかなければなりません。
ゴム手袋を着用したり、大きめのゴミ袋に手を入れて排水路から手探りで探してみてください。
その際に、手が滑って奥へ進んでいかないように気をつけなければなりません。
ワイヤーや針金を使って引っ掛けて取り出すことも可能ですが、陶器を傷つけたり最悪の場合は割れてしまう可能性があります。
そうなると本体の交換も必要になり、修理費が高くなるでしょう。
無理せずに、早い段階で判断することが大切です。

どんな小さな事でもお気軽ご相談ください。
京都全域対応
0120-300-330
出張見積り依頼・ご相談