京都の水回りのトラブルなら水のトラブルサポートセンター

トイレにつまった猫砂の対処方法とは

流せる砂を流すと危険?

流せる砂を流すと危険?


家庭で猫を飼っている人は猫砂を使っていることが多いのではないでしょうか。
排泄物に触れた部分は濡れて固まり、消臭効果を発揮するため欠かせないアイテムです。
メーカーや種類によってトイレに流せるものがあるため、使用後は便器に流しているでしょう。
しかし、知っておかなければならないことがあります。
それは、猫砂が原因でつまりを引き起こす可能性があるということです。
排水管に滞り、便器から汚水が逆流するとお掃除も大変です。
なぜ、流しても問題がないとされているものが原因でつまりを引き起こすのか疑問に思うでしょう。
それは、糞が水に溶けにくいからです。
人間の排泄物は内臓で消化されて出てくるものであるため、水に溶けますが動物の糞は溶けにくいのです。
それを知らずにトイレで処分し続けると、いずれ重度のつまりを招きます。

被害が拡大する前に


被害が拡大する前に


一軒家であれば、トラブルが起きても他人に迷惑をかけませんが、マンションやアパートの上階に住んでいる人が詰まらせるとパイプがつながっているお部屋にまで被害が拡大する恐れがあります。
修理費だけでなく迷惑料として慰謝料を請求されることもあるため、できるだけトイレには流さず、燃えるゴミとして処分してください。
詰まってしまった場合の対処法としては、塩が効果的です。
固まった猫砂は塩を加えると流動性が改善され、崩されていきます。
塩を大量に入れればいいというわけではなく、少しずつ入れていくのがポイントです。
袋ごと入れると排水管に塩分が残って劣化します。
自治体でも禁止されていることがあるため、注意してください。
水500ccに対して大さじ3杯くらいを目安に入れ、しばらく放置しているとサラサラになってトラブルが解決するでしょう。
しかし、汚水が溢れ出てくるほど重症化していると効き目がありません。
また、1、2回ほど試して改善されていなければ別の方法で対処していく必要があります。
自力ではどうにもならないと判断した時は、業者に連絡をして対処してもらうとスムーズです。
無理に流し切ろうとすると余計に症状がひどくなります。

どんな小さな事でもお気軽ご相談ください。
京都全域対応
0120-300-330
出張見積り依頼・ご相談