京都の水回りのトラブルなら水のトラブルサポートセンター

紙おむつがトイレにつまってしまったときには

絶対に流してはいけない

絶対に流してはいけない


子供や高齢者がいる家庭では紙おむつを使うことがあるでしょう。
しかし、処分方法には気をつけなければなりません。
子供がいたずらで便器に流したり、高齢者が流せると思ってトイレットペーパーのように流してしまうと、つまりを招く可能性があるからです。
中には、流せるだろうと思って便器に捨ててしまう人もいますが、水に溶けないように作られているため、絶対に流してはいけません。
また、慌てて水を流したり、つまりを解消する定番アイテムのスッポンを使って直そうとする人もいますが、それは正しい方法ではありません。
自力で直そうとする場合は、時間がカギです。
水を流す前に素早く取り出してください。
排泄後に気がついた時、手で取り出すのには抵抗がありますが奥へ進んでいない状態の時にゴム手袋をして取り出さなければなりません。
既に症状がひどくなり、水位が上がっている場合はバケツで汚水をすくいだし、手を突っ込んで引っ張り出しましょう。
排水路が狭くて手が入らない時は無理をせずに業者に修理を依頼してください。

自力で直せない時はプロにお願いしよう


自力で直せない時はプロにお願いしよう


確かに紙おむつが詰まっているけど、問題なく水が流れていくケースもあります。
運よく排水管を通過し、汚水舛にたどり着いていることがありますが、その場合も安心してはいけません。
いずれ排泄物やトイレットペーパーと絡み合って、重症化するからです。
舛を開けて見ると残骸が詰まっているのが確認できるでしょう。
紙おむつは水を吸うと膨張し、水や排泄物が下水に流れる通路を塞ぎます。
そうなると完全につまり、便器から逆流してくる恐れがあります。
舛まで流れてしまうと自力ではどうにもならないため、業者に対処してもらってください。
道具を使って排水路から取り出せる場合は比較的、修理費も安く済みますが、排水管で詰まるとトイレ本体の着脱が必要になり、高額になる傾向にあります。
さらに、高圧洗浄機など特別な機器を使うとより高い修理費がかかるでしょう。
無駄なお金を支払うことがないように、燃えるゴミで処分したりトラブルが起きた時も早い段階で業者に連絡することが大切です。

どんな小さな事でもお気軽ご相談ください。
京都全域対応
0120-300-330
出張見積り依頼・ご相談