京都の水回りのトラブルなら水のトラブルサポートセンター

真空パイプクリーナーを使ってトイレつまりを直す方法とは

水量が少ない時に効果的

水量が少ない時に効果的


トイレつまりを直す道具がホームセンターやドラッグストアでも販売されています。
定番のアイテムはスッポンではないでしょうか。
しかし、真空パイプクリーナーも効果的です。
トイレつまりが起きた時のために、使い方を知っておきましょう。
まずは、排水口に押し付けます。
この時、隙間ができないようにしっかり密着させて押し付けるのがポイントです。
次にその状態で本体のレバーを上下させて吸引力を高め、排水口から引き上げます。
このように使い方は簡単ですが、1回では改善されないことも少なくありません。
数回試し、それでも改善されないようであれば水道工事を業者に依頼しましょう。
改善されたかどうかの確認は、トイレのレバーを回すのではなくバケツに水を汲んで少しずつ流すようにしてください。
万が一、つまりが解消されていない状態で一気に水を流すと汚水が溢れ出てくる恐れがあります。

購入時のポイントと注意点


購入時のポイントと注意点


真空パイプクリーナーのような専用道具が自宅にない人もいるでしょう。
その際は、近くのお店に買いにいかなければなりませんが、購入する時は排水口のサイズに合ったものを選ぶ必要があります。
価格だけで選ぶと効果が半減するため、種類をしっかり見てください。
また、スッポンとどちらを使うべきか迷った時は、便器内の水量で判断するといいかもしれません。
スッポンは水が溜まっていない状態で使っても意味がありませんが、逆に水が少ない時に真空パイプクリーナーを使うと効果があります。
注意点を挙げるのであれば、溶けないものが原因のときは使ってはいけないことです。
アイテムを使って押し流そうとしても、溶けないものはまたどこかで滞ってしまいます。
基本的に溶けないものの対処法は取り除くことであるため、排水路から手を突っ込んで引っ張り出さなければなりません。
原因がわからない時は、下手に手を出さずに業者に依頼することをお勧めします。
また、溶けるもので合っても重症化すると自力で直せない場合があります。
その場合も、被害が拡大する前に業者に連絡をして水道工事をしてもらいましょう。

どんな小さな事でもお気軽ご相談ください。
京都全域対応
0120-300-330
出張見積り依頼・ご相談