京都の水回りのトラブルなら水のトラブルサポートセンター

トイレタンク内で起こる水漏れ原因の箇所とは

各パーツにトラブルが発生している可能性がある

 各パーツにトラブルが発生している可能性がある


トイレのタンク内から水漏れが起きることがありますが、トラブルが発生する原因は様々であるため、しっかり見極めて適切な対処をする必要があります。
また、中にはどこから水漏れが起きているかわからないこともあるでしょう。
便器内に少しずつ流れ続けている、いつまでも給水している音がしている場合はタンク内を疑った方がいいです。
一般的には、ボールタップやゴムフロート、鎖に原因があります。
これらのパーツは正常な位置にあり、劣化などがみられていなければ他の箇所に問題が発生していることが考えられますが、鎖が絡まっている、正常な位置からずれている、劣化していると給水状態が続いていつまでも水が流れている状態になってしまうのです。
まずは、蓋を開けてタンク内の様子を見てみてください。
劣化や位置がずれているだけであれば自分でも対処することができます。

自分で直す際の手順


 自分で直す際の手順


自分で直す場合は、まず最初に止水栓を閉めてください。
マイナスドライバーを使って右に回すと閉めることができますが硬くて回らない、工具がない時は無理に回そうとせずに業者に依頼することをお勧めします。
力尽くで回すと破損の原因になるかもしれません。
また、水道の元栓を閉めてしまうのも一つの方法です。
トイレ以外の水も使えなくなってしまいますが、トラブルが拡大する心配がありません。
止水栓や元栓を閉めたら、レバーを回して溜まっている水を空にする必要があります。
手洗い管が付いていない場合はそのまま蓋を外し、パイプが付いているトイレはナットを手で回して外してください。
ずれているパーツを元の位置に戻し、それでも水漏れが解決しないようであれば劣化している部品を探しましょう。
各部品を一つずつチェックして見ると、発見できるはずです。
特に鎖やゴムフロートの交換は素人でも簡単にできます。
ホームセンターなどで新しいものを購入した上で、古いゴムを鎖やオーバーフロー管から外し、新しいものを取り付けるだけです。
その際はゴム部分が排水口に合うように取り付ける必要があります。
交換をしても解決しない時は業者に修理を依頼してください。

どんな小さな事でもお気軽ご相談ください。
京都全域対応
0120-300-330
出張見積り依頼・ご相談