京都の水回りのトラブルなら水のトラブルサポートセンター

トイレの便器にひびが入ったときの水漏れには

衝撃には弱い

 衝撃には弱い


日本製のトイレの便器は陶器が使われています。
最近では、陶器製以外のものも登場していますが、ほとんどは陶器です。
なぜ、この素材が使われているかというと、強度が高く、劣化しにくいからだとされています。
そのため、正しい使い方をしていれば簡単に割れることはありません。
25〜30年は保つように作られています。
しかし、強度が高くて劣化しにくい便器が、ひび割れすることもあるようです。
それは、表面にこびりついた水垢や尿石を落とすために研磨ブラシを使ってゴシゴシを磨いたり、物をぶつけて強い衝撃を与えてしまったなどが挙げられます。
便器にひびが入ると水漏れの原因となるため、使い方には十分気をつけなければなりません。
丈夫に見えるトイレも衝撃には弱いということを知った上で、使うことが大切です。

応急処置を行おう


 応急処置を行おう


トイレにひびが入って水漏れすると、床が水浸しになるという被害を受けます。
綺麗な水であれば雑巾で拭いて対処できますが、汚水が漏れてきた時は大変です。
壁や廊下まで汚れて悪臭を放ち、マンションやアパートなど集合住宅であれば階下にまで迷惑をかけてしまうことになるでしょう。
床の張替えや細菌感染を防ぐ消毒作業も必要になり、修理費が高額になります。
階下から迷惑料として損害賠償を請求される可能性も考えられます。
たかが水漏れと思わずに、すぐに対処してください。
基本的には本体を交換することになりますが、業者が到着する前の時間は自分で応急処置をする必要があります。
まずは、止水栓を閉めて被害を最小限に抑えましょう。
ハンドル式のものもあればマイナスドライバーで回さなければならないタイプがあるため、確認してみてください。
次に、割れたところから漏れてこないように、水位を減らします。
バケツや給油ポンプ、ペットボトルを使うと便利です。
これだけでも十分な処置になりますが、業者修理が数日後になるケースも少なくありません。
その場合は、ホームセンターで販売している防水パテやコーキングを使って補修しましょう。
あとは業者の修理を待ってください。

どんな小さな事でもお気軽ご相談ください。
京都全域対応
0120-300-330
出張見積り依頼・ご相談