京都の水回りのトラブルなら水のトラブルサポートセンター

トイレの床が水漏れしたときに確認することとは

拭いても濡れている状態

 拭いても濡れている状態


トイレに入った時、床が濡れていたという経験をしたことがある人もいるのではないでしょうか。
誰かが手を洗った時の水滴や、粗相であれば拭けば問題ありませんが、拭いてもすぐに濡れてくるようであればどこかに異常があると考えられます。
トイレの水漏れは簡単に解決できるものもあればそうではないものがあるため、原因を知った上でどちらに当てはまるか見極めてみてはいかがでしょうか。
簡単に解決できないケースは業者に依頼してください。
業者に依頼するとお金がかかるからと言って放置する人もいますが、後々大掛かりな修理が必要になり金額も大幅にアップする恐れがあります。
そのため、小さなトラブルでも放って置かずに初期段階で対処しておくことが大切です。

厄介な問題もある


 厄介な問題もある


自分で直せるケースのひとつは結露です。
水漏れトラブルに入りませんが、便器やトイレタンクが濡れていると勘違いしてしまうことがあります。
結露は温度差によって生じるため、差をなくせば解決できるでしょう。
例えば、換気したりドアをしっかりしめて温度差を最小限に抑えるなどです。
このような対策をしても改善されない場合はタンクやパイプの接続部分に問題が発生しているかもしれません。
接続部分にはパッキンがあり、そのパーツが劣化していたり緩んでいる可能性が考えられます。
この場合は、締め直したり新しいものと交換すると直るでしょう。
意外に多い原因はウォシュレットです。
精密機械でできているため、使えば使うほど劣化してきます。
特に接続部分から水が滴って床を濡らしていることも少なくありません。
本体を修繕したり部品を交換する作業が必要ですが、これは業者に依頼した方が確実です。
自分では直せないケースは便器と床の隙間からの水漏れです。
これはとても厄介で設置不良かもしれません。
それを判断するために、便器に墨を一滴垂らして一晩様子をみてください。
墨汁がまじった液体が漏れ出していたら設置不良が起きていると判断できます。
一度取り外して付け直す必要がありますが、自分で行うと被害が拡大する恐れがあるため業者に依頼しましょう。

どんな小さな事でもお気軽ご相談ください。
京都全域対応
0120-300-330
出張見積り依頼・ご相談