京都の水回りのトラブルなら水のトラブルサポートセンター

キッチンの蛇口で起こりやすい水漏れのパターンとは

水が垂れてくる問題

 水が垂れてくる問題


キッチンの蛇口から水漏れすることがありますが、いくつかのパターンがあります。
それぞれのパターンの特徴を知っておくと適切な対処法がわかるでしょう。
キッチンに取り付けられる蛇口は2種類あります。
一つは、シングルレバーです。
新築住宅や最近リフォームしたという場合は、シングルレバータイプが採用されている傾向にあります。
もう一つは、ハンドル混合水栓です。
これは、古くからあるタイプで築年数の古いお家に見られます。
どちらのタイプにも発生する可能性が高い水漏れは、レバーを上げて水を出しているときにレバーの下の方から水が出てくるパターンです。
特にシングルタイプは無段階に動くため隙間が出来やすく、バルブカートリッジに使われている部品が消耗して発生する可能性があります。
10年以上、メンテナンスをしていなかったという場合は内蔵されている装置の劣化が考えられるため、交換すると改善されるはずです。

早い段階で直そう


 早い段階で直そう


キッチンのスパウト周りからも発生します。
スパウトとは蛇口そのもののことで、問題がなければいつも通り水が出ますが蛇口から出る水と一緒に胴体部分の上下から出てくるといったトラブルが発生しやすいです。
パッキンで挟まれた上か下のどちらかから漏れているという現象であり、この原因もバルブカートリッジにあります。
そのため、まずはカートリッジを交換してみてください。
交換しても直らない時はパッキンの劣化が考えられるため、ゴムも取り替えるか水栓自体を新しくしなければなりません。
止水栓にトラブルが起きることも少なくありません。
このトラブルは気がつきにくく、シンク下から床にまで水溜まりが出来てようやく気付く人がいます。
この症状に考えられる原因はナットの緩みです。
経年劣化によって隙間が出来て緩んでいるだけであるため、ナットを締め直すと解決するでしょう。
水を流していない状態でポタポタと吐水口から出てくる場合もバルブカートリッジが原因である可能性があります。
無駄な水道代がかかる前に業者に修理を依頼してください。
早い段階で水漏れに気がつくことができれば被害も最小限で済みます。

どんな小さな事でもお気軽ご相談ください。
京都全域対応
0120-300-330
出張見積り依頼・ご相談