京都の水回りのトラブルなら水のトラブルサポートセンター

お風呂の水漏れで確認することとは

どこに不具合が起きているのかチェックしよう

 どこに不具合が起きているのかチェックしよう


お風呂場から水漏れが発生していても、床が濡れて大変なことになったりするわけではないため気がつかない人もいるのではないでしょうか。
また、気がついていても放置してしまっている人もいるかもしれません。
しかし、無駄な水道代が永遠とかかってくるため、出来るだけ異常に気づいて対処することが大切です。
まず、お風呂場で水漏れが起きる原因は主に4つあるということを知っておきましょう。
疑わしい場合はどの原因に当てはまるのかを確認して、適切な対応をする必要があります。
原因の一つ目は給水菅です。
蛇口からというよりは台や壁の中から発生しており、台の蓋を開けて確認しなければなりません。
ホームセンターでも販売されている癒着テープで応急処置ができますが、その状態でずっと使い続けられるというわけではなく、いずれ剥がれて再びトラブルが発生します。
そのため、業者に修理を依頼してください。

各パーツの異常


 各パーツの異常


二つ目はパッキンの劣化です。
お風呂場以外の水回りトラブルでも、パッキンの劣化によって異常が発生することが多いです。
通常、このパーツは金属と部品の間に挟んで水漏れを防ぐ役割をしていますが、古くなると形状が変わってその役割を果たせなくなります。
これもホームセンターで販売されているパーツであるため、購入して自分で交換すると修理費を安く抑えることが可能です。
三つ目はバルブです。
バルブはサーモスタット混合水栓とシングルレバー混合水栓に存在しているカートリッジで、これが破損すると素人では直すことができません。
内部の修理は困難ですがカートリッジだけを購入して交換することは素人にもできるでしょう。
最後は各パーツの破損です。
パッキンなど以外の部品が壊れてしまうと、補修することが困難で見た目も悪くなってしまいます。
同じものを買って取り替えるのも一つの方法ですが、うまく対処できないことも少なくありません。
やり方も知らずに作業をすることで余計に症状が悪化すると大変であるため、不具合が起きたら原因を確認するだけにとどめておき、あとは業者に依頼することをおすすめします。

どんな小さな事でもお気軽ご相談ください。
京都全域対応
0120-300-330
出張見積り依頼・ご相談