京都の水回りのトラブルなら水のトラブルサポートセンター

キッチンの水漏れが起こる前兆とは

未然に防ぐために

 未然に防ぐために


水回りトラブルは出来るだけ発生する前に手を打っておきたいものです。
いつ起きるかわからないため、どうすることもできないと諦めてしまっている人もいるのではないでしょうか。
しかし、多くの場合は前兆があります。
キッチンの水漏れも前兆がある場合が多いため、トラブルを未然に防ぐために、どのようなことが起きたら危険のサインなのか知っておきましょう。
前兆は主に2つです。
一つは、キッチンシンクの下がじんわりと濡れている場合、もう一つはシンクの下にカビが生えている場合の2つです。
どちらかでも当てはまったら水漏れする可能性があるため、注意しなければなりません。
不安な人は、一度キッチンシンクの下をチェックしてみてはいかがでしょうか。

軽度であれば直せる?


 軽度であれば直せる?


一つ目のシンク下が濡れている原因は、ボルトなどのパーツの緩みやパイプにヒビが入っていることが考えられます。
単純にパーツの緩みだけであれば、工具を使って締め直せば解決するでしょう。
しかし、パーツが劣化していれば新しいものと交換してください。
また、固くて回せないときは無理に回そうとするのではなく、水道工事業者に連絡することをお勧めします。
無理に作業しようとすると、思わぬトラブルを招く可能性があるからです。
パイプにヒビが入っている時も交換が必要になります。
小さなヒビであっても、いずれ大きく広がって完全に割れる危険性があるため、気がついたらすぐに交換してください。
もう一つのカビについては、部品の緩み、パイプのヒビ割れによって起きた水漏れが温度の上昇によって発生するのが原因です。
一つ目の原因を改善した上で、カビ取りを行えば解決します。
基本的に水回りのトラブルは軽度であれば自分でも直すことができます。
しかし、作業の仕方や調べても原因がわからないときは、すぐに業者を呼ぶと安心です。
雑巾などで拭いたり、耐水性のあるテープで応急処置したりすることはできますが、水の流れを止めなければ、いつまでたっても解決せず、水道代が無駄にかかってしまいます。
そのようなことがないように、プロに修理をお願いしましょう。

どんな小さな事でもお気軽ご相談ください。
京都全域対応
0120-300-330
出張見積り依頼・ご相談