京都の水回りのトラブルなら水のトラブルサポートセンター

キッチンのシンクつまりの原因とは

食べ残しが原因

 食べ残しが原因


よくキッチンのシンクが詰まるという家庭もあるのではないでしょうか。
水回りトラブルの中でも、つまりはおきやすいです。
キッチンのシンクがつまりを起こす原因は様々ですが、普段から気をつけていれば防げるかもしれません。
なぜなら、食べ残しや油が原因であるケースが多いからです。
野菜などを切った後に出るクズや食べ残しを、そのままキッチンの排水口に流している人は気をつけなければなりません。
大きいクズは手で取って生ゴミとして捨てることができます。
しかし、細々としたものは、そのまま流れていってしまうため、排水口ネットをつけて予防することが大切です。
また、そのまま流れていくだろうと思って無理に押し流すと、つまり具合がひどくなって完全に流れなくなります。
全く流れていかなくなるとシンクから溢れ出てくるため、取り除けるものは手で取り除いてください。

頑固な油汚れには要注意


 頑固な油汚れには要注意


油は排水口ネットを使っていても、穴から流れていってしまいます。
液体は水と一緒に下水まで流れていってくれそうなイメージがありますが、受け皿を外してみると、びっしりと配管に汚れが付着していることも少なくありません。
付着しても定期的に配管まで掃除していれば詰まることはないはずです。
しかし、しばらく放置していると固まってしまいます。
頑固な油汚れがこびりつくと配管がボコボコになり、通常の水でも流れが悪くなって最終的には全く流れていかなくなるでしょう。
飲食店ではこのような事例が多く見られますが、家庭でも気をつけていなければ発生する恐れがあります。
ホームセンターやドラッグストアでも販売されている薬剤を使って綺麗にしてみてはいかがでしょうか。
それでも改善されなければ重症化している可能性が考えられるため、水道工事業者に修理を依頼しなければなりません。
無理に改善しようとすると逆効果になることもあるため、薬剤を使っても無理だと判断したら、すぐに業者を呼ぶことが大切です。
また、原因がわからない時も業者に依頼すると安心です。
直してもらった後はトラブルを未然に防ぐためにも、日頃から綺麗にお掃除をして油汚れや食べ残し、野菜の切りクズは取り除くようにしてください。

どんな小さな事でもお気軽ご相談ください。
京都全域対応
0120-300-330
出張見積り依頼・ご相談