京都の水回りのトラブルなら水のトラブルサポートセンター

洗面所の水漏れで確認することとは

チェックしてみよう

 チェックしてみよう


洗面所は1日に最低でも2回は使用する場所ではないでしょうか。
使う頻度が多い分、トラブルが発生しやすいと言えます。
例えば、水漏れです。
洗面所で水漏れが起きた時は、様々な原因が考えられます。
濡れている場所に原因があるとは限らないため、トラブルが起きたら確認することについて知っておきましょう。
はじめに確認することは、水漏れしている場所の特定です。
洗面台の下に収納スペースがありますが、そこに置いているものを全てどけてください。
そして、蛇口を開けてわざと水を流してみます。
そうすると、漏れているところから染み出してきたり、吹き出してきたりするはずです。
わかりにくい時は少量ではなく全開にして水を流すと、わかりやすいでしょう。
漏れている場所がわかったら止めて、止水栓も閉めてください。
止水栓がどこにあるのかわからない、ハンドルが固くて閉められないこともあります。その場合は、水道メーターの近くにある元栓そのものを閉めて水を完全に止めてしまいます。
しかし、洗面所以外の水周りが機能をストップするため、家族がよく使う時間帯などは避けた方がいいかもしれません。

解決できない時は業者に依頼


 解決できない時は業者に依頼


蛇口やシャワーホースに異常がある場合は、蛇口本体が壊れていたり、パッキンが劣化したりしているのが原因の可能性が高いです。
緩んでいる場合は締め直しや劣化しているものは交換しましょう。
吐水口がシャワータイプになっている場合は、そのホースも確認してください。
穴が空いていることや、亀裂が入っていると新しいものと交換しなければ解決しません。
特に床が濡れている時はホースに問題が発生していることが多いです。
台の下が濡れているようであれば配管にトラブルが発生していることが多く、給水管と止水栓を繋いでいる部品をチェックしてみてください。
緩んでいれば締め直すだけで解決しますが、パッキンが劣化していることもあり、工具を使って内部に取り付けられているパッキンの状態をチェックする必要があります。
このように様々な場所に異常が発生します。
特定できない、修理の仕方がわからないようであれば早い段階で業者に連絡をしましょう。

どんな小さな事でもお気軽ご相談ください。
京都全域対応
0120-300-330
出張見積り依頼・ご相談