京都の水回りのトラブルなら水のトラブルサポートセンター

お風呂の水漏れの見極め方とは

自分で直せるかわからない時は

 自分で直せるかわからない時は


お風呂の水漏れトラブルは意外と気がつきにくいです。
少し濡れているだけであれば、誰かが使用した後だと分かりづらく、まだ乾いてないだけと思ってしまいがちです。
水漏れが起きている可能性も疑いましょう。
また、トラブルが起きているとわかったら、自分で直せるものか業者に依頼するべきかしっかりと見極めることが大切です。
しかし、見極め方がわからない人も多いのではないでしょうか。
特にはじめて経験した人は、判断しにくいです。
どうするべきか迷っている間にも水漏れは続き、水道代が無駄にかかってくるため、見極め方のポイントを知り、適切な対処を行う必要があります。
ポイントの一つは、部品に問題があるかどうかです。
お風呂でよく使用されている蛇口には、パッキンという金属の部品と部品の間にゴムが挟まれています。
金属は目では確認できないほど小さな凸凹があり、その隙間から漏れてくることがあるのです。
ゴムをパーツ同士で挟むことで凸凹にぴったりと密着するように形が変わりますが、劣化すると密着しなくなってきます。
この場合は、新しいパッキンに交換すると解決するため、ホームセンターなどで購入して自分で交換すると安価で修理できるでしょう。

無理だと判断したら


 無理だと判断したら


パーツが外部からの衝撃によって完全に破損している場合は、素人で直すことが困難です。
同じタイプのものを購入することはできても補修はできないでしょう。
無理に補修すると見た目も悪くなるため、お勧めできません。
バルブにも異常が発生することがありますが、バルブの中にはカートリッジが入っており、素人が内部まで修理するのは難しいです。
カートリッジのみを自分で調達することは可能ですが、分解して交換する作業が難しい場合は業者に依頼すると安心です。
このようにお風呂場にトラブルが発生した時の見極め方にはポイントがあります。
自分で直せるケースでも、難しいと判断したら迷わず業者に依頼してください。
到着するまで時間がかかりそうであれば、耐水性のあるテープを巻いて応急処置をしておくのも一つの方法です。

どんな小さな事でもお気軽ご相談ください。
京都全域対応
0120-300-330
出張見積り依頼・ご相談