京都の水回りのトラブルなら水のトラブルサポートセンター

お風呂の排水溝がつまったときの対処法とは

トラブルが起きるのはなぜ?

 トラブルが起きるのはなぜ?


お風呂の排水溝はつまりやすいです。
1、2週間もお掃除していなかったら流れが悪くなり、悪化すると完全に流れなくなってしまい、お風呂場の床が水でいっぱいになります。
放置していれば少しずつ流れて翌日には水が引いていることもありますが、体を洗ったりシャンプーを流したりした後の水に足が浸かって汚れてしまうため、根本的なつまりの原因を解決することが大切です。
使いにくいだけでなく、臭いもひどくなって衛生面にも悪影響を与えます。
汚い排水溝をお掃除するのは嫌ですが、定期的にお掃除をして快適にお風呂が使えるように気をつけましょう。
基本的につまりの原因になるのは髪の毛や洗剤、シャンプー類のカスです。
髪の毛は長いほど排水溝を詰まらせる可能性が高くなり、それに石鹸類のカスが混じり合って水の流れをせきとめてしまいます。
排水溝を見ると白いどろっとした塊がありますが、それは雑菌が繁殖して塊になっている証拠です。
それが排水管にこびりついていることもあるため、取り除かなければなりません。

固形物は取り除かなければならない


 固形物は取り除かなければならない


家庭でも簡単にできる対処法の1つは、薬剤を使うことです。
ホームセンターやドラッグストア、ネットでも販売されているため、1つは持っておきたいアイテムです。
使い方も簡単で基本的には薬剤を流して放置し、最後に流すだけですが事前にヘアキャッチャーのゴミは取り除いておきましょう。
手で取り除ける範囲で除去してから薬剤を注ぐと効果的です。
髪の毛や石鹸類のカスであれば、これで綺麗になりますが、固形物が原因の時は意味がなく、物理的に取り除かなければなりません。
子供のおもちゃや掃除用に使った小さなスポンジ、シャンプーなどのボトルのキャップ、歯ブラシなどが流れてしまっている可能性があります。
排水管の奥まで進んでしまっているのであれば、素人ができる対処法はないでしょう。
業者に連絡をして適切な対処法を実施してもらう必要があります。
また、固形物ではなくても重症化している場合も業者に依頼してください。
無理に修理しようとすると余計に悪化させてしまうかもしれません。

どんな小さな事でもお気軽ご相談ください。
京都全域対応
0120-300-330
出張見積り依頼・ご相談