京都の水回りのトラブルなら水のトラブルサポートセンター

洗面所のパイプがつまったときの対処法とは

何が原因?

 何が原因?


お風呂場の排水溝はとてもつまりやすいですが、毎日2回は使用する洗面所のパイプもつまりやすいため注意が必要です。
お風呂場は髪の毛やシャンプー、リンスなどのカスが流れていくため、排水溝が詰まりやすいのは想像できます。
しかし、洗面所もトラブルが発生しやすいのかわからない人が多いのではないでしょうか。
原因の多くは、お風呂場と同様に髪の毛です。
洗面所で毎朝寝癖を直したり、髪の毛をセットしたりする人が多いでしょう。
そのときにドライヤーで乾かしていると自然に髪も抜けてしまっています。
また、ブラッシングする際も抜けて落ちてしまうのです。
抜けた髪にすぐ気がつき、取り除いていれば問題ありませんが、朝の準備が忙しくて毎回丁寧に掃除をしている人は少ないでしょう。
それが毎日続けば、ぬめりと一緒にパイプに付着してトラブルを発生させます。
家族の人数が多い場合や、ヘアキャッチャーをつけていないと、つまりやすいため要注意です。

対処法とは


 対処法とは


詰まったときの対処法も知っておきましょう。
簡単な方法はホームセンターでも販売しているパイプユニッシュなどの薬剤を注ぐことです。
あらかじめ取り除ける汚れは除去しておくと薬剤の効果も発揮しやすいため、できる範囲で取り除いてください。
軽度であれば薬剤だけで解決できるはずですが、重症化している場合は業者に連絡することをお勧めします。
また、固形物が原因でつまった時には業者に依頼した方が良いでしょう。
大きな固形物が挟まっているだけであれば手で引っ張り出せることもあります。
しかし、手が滑ってさらに奥へ進んでしまう恐れがあるため、慎重に引っ張り出さなければいけません。
また、既に奥へ進んでいる可能性も考えられます。
ヘアセットで使うピンやピアス、ネックレスなどのアクセサリー類は、サイズが小さいためヘアキャッチャーをすり抜けて奥へ進んでいることも少なくないです。
台の下にあるS字トラップで滞っている場合は分解して除去できますが、排水管にまで流れてしまったら素人ができる対処法はありません。
修理費用はかかりますが、業者に依頼した方が確実に取り除けるので安心です。

どんな小さな事でもお気軽ご相談ください。
京都全域対応
0120-300-330
出張見積り依頼・ご相談