キッチンのつまりの発生場所を特定するには

キッチンのつまりの発生場所を特定するには

問題が起きやすいところは2箇所

 問題が起きやすいところは2箇所


毎日使用するキッチンはつまりやすい場所の一つです。
何も対策をしていなければすぐに流れが悪くなり、次第に悪化して全く流れなくなるでしょう。
すでにトラブルが発生している人もいるかもしれません。
その場合は、つまりの発生場所を特定する必要があります。
発生場所がわからなければ適切な対処法もわからないからです。
発生場所は大きく分けると2つあります。
一つは排水トラップです。
キッチンの流し台の中にある排水溝は、料理の際に出た食材のカスや食べ残り、油などが流れていくため最もトラブルが起きやすく、排水管の臭いが上がってこないようにワントラップというカップが置かれていますが、そこにゴミ受けからすり抜けていったものが詰まっていることも少なくありません。
例えば、爪楊枝です。
ゴミ受け皿の穴からすり抜けることはよくあることで、排水トラップのなかに入り込んでしまうため、出来るだけ爪楊枝は使わないように心がけてください。

素人では解決できない場合は


 素人では解決できない場合は


二つ目のつまりが起きやすいところは排水管の中です。
排水トラップよりも厄介で、自分で対処できないケースも少なくありません。
排水溝を抜けたらキッチンの下にあるパイプに流れていきますが、異物が流れたことにすぐ気がつくことができれば手で取り除けるでしょう。
しかし、奥に原因があると見つけにくいので素人では解決しにくいです。
内部に油汚れがこびりついたり、小さな汚れでも蓄積されたりすることで水が流れにくくなるため、定期的に掃除しなければなりません。
また、排水管が一直線になっていればトラブルが起きにくいですが、S字タイプやクランクになっていると引っかかりやすいです。
このように問題が起きやすいところは2箇所あるため、一つずつ確認していくと特定しやすいでしょう。
いくら探っても特定できない場合は修理業者に連絡してください。
軽度であれば素人でも直すことができますが、なぜ流れていかないのかわからなかったり、どんなものが挟まっているのかわからなかったりする場合は対処のしようがありません。
業者に依頼した方がスムーズに直るため、早い段階で連絡しましょう。

どんな小さな事でもお気軽ご相談ください。
京都全域対応
0120-300-330
出張見積り依頼・ご相談