キッチンの排水溝つまりを家庭の道具で解決する方法とは

キッチンの排水溝つまりを家庭の道具で解決する方法とは

特別なアイテムがなくても解消できる

 特別なアイテムがなくても解消できる


キッチンの排水溝のつまりはどの家庭でも起きやすいトラブルです。
問題が起きた時は業者に依頼するとすぐに直りますが、出来るだけお金はかけたくないという人が多いのではないでしょうか。
軽度であれば家庭にある道具を使って解決することができます。
業者を呼ぶ前に一度チャレンジしてみてください。
家庭にある道具の一つは、タオルです。
キッチン用のスッポンやワイヤーブラシがあれば一番ですが、専門道具がない場合はタオルを使った解決法が楽です。
まずは、排水溝の排水トラップを外して、排水管の入り口が見えるようにしましょう。
ゴミ受け皿やワントラップを外すと排水に流れていくパイプの一口が見えるはずです。
その際に、取り除ける汚れは綺麗に掃除をして、大きな食べかすなどは手で取って生ゴミとして処分します。
ある程度きれいになったら、パイプの入り口にいらないタオルを詰めて栓をしてください。
後から引っ張るため、摘めるように端の方を出しておくのがポイントです。

簡単に直せる方法


 簡単に直せる方法


タオルを詰めたらシンクの6割ほどお湯を溜めます。
温度は50度から80度の高温が効果的ですが、あまりにも熱すぎると配管を傷めたり、引っ張り出す時に大火傷の危険があったりするため注意してください。
お湯を溜めたら一気に栓を抜いてお湯を流し切るだけです。
軽度であればこの方法で解決できるでしょう。
ペットボトルでもキッチンのつまりを直すことができます。
タオルでは直らなかった時に試してみてください。
まずは、ペットボトルの口を配管の口に合わせて隙間をなくすように密着させます。
その後は空気を送るようにボトルを何度か押して、抜きます。
この作業を何度か繰り返すとパイプ内でボコボコと音がして詰まっているものが浮いてきたり、そのまま流れていったりするはずです。
ペットボトルは指で凹ませられるように柔らかい素材のものを使うといいでしょう。
このような方法を試してみても直らないことも少なくありません。
その場合は、素人では直せないほどつまり具合がひどくなっている恐れがあるため、業者を呼んでください。

どんな小さな事でもお気軽ご相談ください。
京都全域対応
0120-300-330
出張見積り依頼・ご相談