トイレタンクの水漏れを見極める方法とは

トイレタンクの水漏れを見極める方法とは

見極め方を知ろう

 見極め方を知ろう


トイレからの水漏れは見過ごしてしまうことがあります。
手を洗った時に飛んだだけ、結露して水滴が滴っているだけと勘違いしてしまうことがありますが、水漏れが起きている可能性も疑いましょう。
いつまでも放っておくと無駄な水道代がかかるため、出来るだけ早い段階で解決することが大切です。
漏れてくる場所はいくつかありますが、トイレのタンクに問題が起きることがあります。
トラブルは何より応急処置が重要です。
床が浸水して張り替えが必要になったり、集合住宅の場合、階下にまで迷惑をかけてしまったりする恐れがあります。
問題を見極める方法は、タンクの蓋を少し持ち上げてみた時にじゃばら管がふたに取り付けられているかどうかを確認することです。
ゴムチューブの場合もありますが、蓋から外れている可能性があります。
止水栓を閉めた上で、蓋を開けて外れているじゃばら管を取り付けて、水漏れが直ったのか確認して完了です。

内部に原因があることが多い


 内部に原因があることが多い


浮き球が引っかかっていることもあります。
特に、中にペットボトルを入れて節水対策をしている場合は起こりやすいです。
ペットボトルなどの重りが浮き球に引っかかって水が止まらなくなることがあるため、全て一度取り出して正しい位置に直してください。
水の高さに合わせて浮き球が上がるのを確認して、調整し直すと解決するでしょう。
また、過度な節水はトイレのつまりも起きやすいため、ペットボトルで調節する方法はおすすめできません。
浮き球に異常がない場合は、ボールタップを調べていきます。
レバーを回してタンク内に溜まった水を流して、止水栓を開けた時、水がたまり出したら浮き球を上げて水が止まるかどうかをチェックしてください。
止まらない時はボールタップのバルブを交換する必要があります。
ホームセンターなどでも替えが販売されており、交換作業も簡単であるため素人でも直せるはずです。
ボールタップは手洗い付きとそうではないものがあるため、間違えないように気をつけてください。
見極めることができない場合は業者に相談するのも一つの方法です。
悪化する前に依頼することを検討してみてはいかがでしょうか。

どんな小さな事でもお気軽ご相談ください。
京都全域対応
0120-300-330
出張見積り依頼・ご相談