トイレがつまったときに業者を呼ぶタイミングとは

トイレがつまったときに業者を呼ぶタイミングとは

いつ呼ぶべき?

 いつ呼ぶべき?


トイレがつまりを引き起こした時、自分で対処しようか業者を呼ぶべきか迷うことがあるでしょう。
タイミングを間違えるとつまり具合が悪化する恐れがあるため、注意しなければなりません。
基本的に、重症化している場合はすぐに呼ぶべきです。
重症化しているかどうかの判断は見た目だけではわからないことが多いため、原因で見極めてみましょう。
例えば、溶けるものと、そうではないものです。
溶けないものの場合はすぐに業者を呼んでください。
便器に異物を落としてしまったことにすぐ気がつくことができれば手で取り除くことができますが、流し切ろうとして何度もレバーを回すと排水管の奥でつまり、素人ではどうすることもできなくなります。
悪化するとトイレから汚水が逆流してくることも少なくありません。
タイミングは早い方が修理費も抑えられるため、溶けないものが原因だと分かっている時は迷わずにプロを呼んでください。

早めに対処しよう


 早めに対処しよう


トイレットペーパーや流せる系のグッズは溶けるように作られているため、時間をおけば自然と解消されていることも少なくありません。
早く溶かすためには、お湯が効果的です。
40度から60程度のお湯を注いでしばらく放置してみてください。
しばらく時間が経過したらスッポンを使います。
原因がお湯によってほぐれて小さくなるため、スッポンで直すことが可能です。
しかし、溶けるものでも症状がひどくなっていると素人では直せません。
無理に直そうとせずにプロの力を頼りましょう。
また、原因がわからない場合もプロに任せることをおすすめします。
何がトラブルを起こしているのかわからなければ、適切な対処法もわからないからです。
初めての水回りトラブルは業者を呼ぶタイミングがわからないものですが、悪化する前に依頼することが大切です。
流れが悪くなっているだけでまだ問題がない、完全に詰まったら呼ぼう、修理にお金をかけたくないなど、放置してしまう人も少なくありませんが、重症化するほど直すのにもお金がかかるため、軽度のうちに対処することをおすすめします。

どんな小さな事でもお気軽ご相談ください。
京都全域対応
0120-300-330
出張見積り依頼・ご相談