お風呂のシャワーがつまったときの対処法とは

お風呂のシャワーがつまったときの対処法とは

排水溝以外にもトラブルが起きる

 排水溝以外にもトラブルが起きる


お風呂場でつまりやすい場所といえば、排水溝をイメージする人が多いでしょう。
石鹸のカスや髪の毛と絡み合って、流れが悪くなることも少なくありませんが、それ以外にもあります。
例えば、シャワーです。
お風呂掃除をする際も、浴槽や床、鏡、排水溝などは綺麗にしますが、シャワーのヘッド部分まで掃除する人は少ないのではないでしょうか。
つまりを起こすと水圧が弱くなって、使いにくくなります。
つまりの原因の一つは、フィルターに汚れが溜まってしまうことです。
ヘッドと蛇口を繋いでいるとロコにはフィルターがセットされており、排水管から流れてくるチリやゴミを取り除く役割があります。
しかし、使い続けていくうちに小さな汚れが詰まってしまうのです。
水圧が弱くなったと感じた時の対処法はフィルターを掃除すると解決することです。
網目に溜まっているゴミを歯ブラシで磨くときれいになります。

歯ブラシでお掃除


 歯ブラシでお掃除


水垢や皮脂、石鹸のカスもたまりやすいです。
これらがこびりつくと穴が塞がって水がまっすぐ飛んできません。
この場合の対処法も歯ブラシが大活躍しますが、中性洗剤をつけたり、細かい汚れは爪楊枝を使ってみたりしてください。
こびりついて取れない時はシャワーヘッドごと交換することも検討しましょう。
ネットやホームセンター、家電量販店でも販売されているため手に入りやすいです。
また、止水栓の開き具合が完全ではないことも原因として挙げられます。
止水栓の場所を探して、しまっている止水栓をマイナスドライバーで緩めてください。
このようにお風呂では排水溝以外にもトラブルが起きることがあります。
自分では対処できないと思ったら業者に解決してもらいましょう。
掃除をしたり止水栓を緩めたのに水圧が弱いままだと、他の場所が水漏れしていたり水道設備そのものが不具合を起こしている可能性があります。
無駄な水道代を支払ったり、使用する上で危険を伴う状態だと大変であるため、出来るだけ早い段階で業者に修理をしてもらうことが大切です。
原因がわからない時もプロにお願いすると調査をして特定してもらえるでしょう。

どんな小さな事でもお気軽ご相談ください。
京都全域対応
0120-300-330
出張見積り依頼・ご相談