洗面所の水漏れで確認する4つのポイントとは

洗面所の水漏れで確認する4つのポイントとは

どこを見ればいい?

 どこを見ればいい?


洗面所から水漏れが発生した時、どこを確認するべきかわからない人もいるのではないでしょうか。
何度も経験していれば、原因のある箇所を予想したり、一つずつチェックして調べたりすることができますが、初めてのトラブルであれば慌ててすべき行動がわからなくなってしまうものです。
しかし、的確に対処しなければ流れっぱなしになり、無駄な水道代を払い続けたり、床が浸水したりするなど被害が拡大します。
初心者でも慌てず、しっかり対処できるように確認するべきポイントを知っておくことが大切です。
チェックポイントは4つあります。
1つ目は蛇口本体です。
この場所は比較的トラブルに気が付きやすいでしょう。
蛇口本体に原因がある場合はパッキンを交換すると改善されるケースが多いです。
分解しなければならないため、業者を呼んでください。

自分で対処できなければ業者を呼ぼう

自分で対処できなければ業者を呼ぼう


2つ目は洗面所の下にある収納スペースにあります。
一般的な洗面所であれば下に収納スペースがあるでしょう。
扉を開け、ストックしているものやお掃除道具などを全て取り出してください。
モノをどけると排水パイプのトラップ部分見えるはずです。
そこが濡れている場合は排水パイプのトラップ部分のつなぎ目から水漏れしている可能性があります。
排水パイプは髪の毛や異物が流れて込みやすく、カーブ部分に蓄積されてつまりも起こしやすいため液体パイプクリーナーなどで掃除を心がけてください。
3つ目のチェックポイントは給水栓、給湯栓の繋ぎ目です。
この箇所はナットの緩みによって水漏れが起きている可能性が高いため、工具を使って締め直すと解決するでしょう。
締め直しても改善されない場合は接続部分のパッキンの劣化が考えられるため、分解して内部にあるパッキンを交換してください。
交換作業が難しい場合は、業者が到着するまでの間だけでもテープなどで応急処置しておくことをお勧めします。
4つ目の確認ポイントは、排水管です。
これは床下に埋まっているため、素人では確認しにくいですが床が濡れていれば排水管の異常を疑いましょう。
また、素人では対処できないため業者を呼ぶ必要があります。

どんな小さな事でもお気軽ご相談ください。
京都全域対応
0120-300-330
出張見積り依頼・ご相談