洗面所のつまりで原因別による対処法とは

洗面所のつまりで原因別による対処法とは

何が引っかかっているかによって直し方が異なる

 何が引っかかっているかによって直し方が異なる


洗面所の水が流れていかないと使いにくいため、早い段階で解決しなければなりませんが、つまりの原因別によって適切な対処法が異なります。
原因は主に髪の毛でしょう。
洗面所はドライヤーを使ったり、寝癖を直すために頭を濡らしたりすることもあるためつまりを引き起こしやすいです。
通常は排水口に引っかからずにそのまま下水へと流れていくものですが、石鹸のカスや歯磨き粉などがパイプの内側に汚れとして付着していると、髪の毛と絡み合ってつまりを引き起こします。
日頃から洗面所を掃除してきれいにしていても、パイプ内まではお掃除していないという人も多いのではないでしょうか。
長い時間をかけて蓄積したヘドロやぬめりはワイヤーブラシや排水管用の洗浄剤を使ってきれいにしましょう。
これらはホームセンターやドラッグストアでも手に入るため、再びトラブルが起きた時に対処できるように揃えておくことをお勧めします。
ワイヤーブラシや市販の洗浄剤は素人でも扱いやすく、汚れを簡単に落とすことが可能です。
洗浄剤がない場合は重曹とクエン酸を注ぐのも効果的です。
チャレンジしてみてください。

素人には直せない場合は

素人には直せない場合は


トラブルを招いているのは汚れではないケースもあります。
例えば、アクセサリー類や歯磨き粉のキャップなどの固形物です。
小さいものは落としたことに気がつかないこともありますが、それを取り除かなければいつまでも流れが悪いままです。
基本的に、水に溶けないものは流してはいけないためパイプを解体して取り出すことになります。
ラバーカップを使う方法もありますが、さらに奥へ進んで取り出しにくくなることがあるため、素人にはおすすめできない方法です。
このように原因別によって正しい対処法が異なりますが、重症化している場合や固形物が奥へと流れて解体が必要になったときは素人で解決するのは困難なため、業者に修理を依頼してください。
また、原因別の対処法を知っていても何が引っかかっているのかわからないこともあるはずです。
闇雲に直そうとすると余計に症状が悪化する危険性もあるため、業者を呼んだ方が安心です。

どんな小さな事でもお気軽ご相談ください。
京都全域対応
0120-300-330
出張見積り依頼・ご相談