トイレつまりの溶けないトイレットペーパーの特徴とは

トイレつまりの溶けないトイレットペーパーの特徴とは

それぞれ特徴が異なる

 それぞれ特徴が異なる


トイレットペーパーはどれも同じようなものだと思っている人が多いのではないでしょうか。
シングルやダブル、ロールの長さなどは商品ごとに異なるため、好みで選んで問題ありませんが、注意しなければならないこともあります。
それは、溶けないトイレットペーパーもあるということです。
よく便器がつまりを起こすという場合は、使っているトイレットペーパーが溶けない、もしくは溶けにくいタイプのものかもしれません。
特に、海外製の安価なものは溶けにくくつくられている傾向にあります。
なぜなら、海外では日本のように便器に流すのではなくゴミ箱のようなものに捨てる国もあるからです。
ゴミ箱に捨てる国でつくられたものは水に溶けにくいことがあるため、安価だからといって使い続けるのは危険です。
どうしても使いたいのであれば、海外と同じようにゴミ箱に捨てる必要があります。

溶けやすいタイプとは

溶けやすいタイプとは


安価なものを選んでいる人は、安くてもJIS規格に則ったものを選ぶようにしましょう。
JIS規格に則ったものは100秒以内に溶けるようにつくられているため、トラブルが発生するリスクを下げることが可能です。
JIS規格を満たしている商品の中でも再生紙や古紙を利用してつくられたものは比較的安価であるため探してみてください。
また、ダブルやトリプルよりもシングルの方が溶けて流れやすいため、安心して使うことができます。
ダブルやトリプルの方が厚手で使いやすいイメージがありますが、下水処理の負荷がシングルより大きいです。
シングルの方が薄手で流れやすく環境にも優しいため、変えてみてはいかがでしょうか。
海外製だけでなくシャワートイレ用も厚手につくられているため溶けにくいです。
吸水性が求められるため通常のタイプよりも厚手な作りになっており、普通のタイプと同じ感覚で便器に流すとつまりの原因となります。
溶けないまま排水管の中で滞り、排泄物と絡み合ってパイプ内の隙間が狭くなると汚水が逆流してくる危険性があるため、一度に流す量を減らすかシャワートイレ用以外のタイプを購入しましょう。
このように商品の選び方次第でつまりのリスクを軽減させることができます。
万が一、トラブルが起きてしまった時は早い段階で業者に対処してもらうことが大切です。

どんな小さな事でもお気軽ご相談ください。
京都全域対応
0120-300-330
出張見積り依頼・ご相談