トイレつまりで水が流れないときの対処法と原因

トイレつまりで水が流れないときの対処法と原因

異変が起きた時は

 異変が起きた時は


トイレが流れない時はつまりが起きている可能性が高いです。
目で確認できないところで何かが詰まっており、レバーを回しても堰き止められている状態であるため便器から汚水が逆流してくることもあります。
流れ方が悪い、完全に流れない時は無理に押し流そうとするのは逆効果であるため、適切な対処法を行わなければなりません。
まず、異物を流していないか思い出してみましょう。
溶けない異物をトイレに流してしまった時は、取り除く必要があります。
奥まで進んでいる場合は便器を分解して取り除かなければならないため、業者に依頼してください。
しばらく放置して水位の高さが変化していれば溶けるものだと判断ができます。
溶けるものであれば時間と共に柔らかくほぐれていくため、放置すると効果的ですが、お湯を注いでしばらく放置した後にスッポンを使うとより効果的です。
重曹とクエン酸を注いだり、ワイヤー式ブラシでほぐしたりするのも一つの方法です。
ホームセンターで道具を購入し、対処してみてください。

タンクの中もチェックしてみよう

タンクの中もチェックしてみよう


水が流れない多くの原因はつまりですが、トイレタンクの中に水が入っていなかったり、極端に少ないというケースも考えられます。
何かを流してしまった心当たりがなければタンクの蓋を開けて中の様子をチェックしてみてください。
水が溜まっているのに便器に流れていない状態であれば、排水がうまくいっていないということであるため、排水レバーと繋がっているフロートバルブやボールタップを確認しましょう。
しばらくお掃除をしていないと水垢やゴミが付着したり、鎖が劣化して切れてフロートバルブが動かなくなったりすることも少なくありません。
ボールタップはタンク内の壁に引っかかることがあり、正常に動かなくなるため正しい位置に戻してください。
水が溜まっていない場合は、止水栓の点検が必要です。
マイナスドライバーを使って開けましょう。
このように、適切に水が流れないとつまりを招く原因にもなります。
どこにトラブルが起きているのか確認した上で、適切な対処をすることが大切ですが原因を特定できない時は業者に依頼すると安心です。"

どんな小さな事でもお気軽ご相談ください。
京都全域対応
0120-300-330
出張見積り依頼・ご相談