洗面所の水漏れでパッキンを交換するときには

洗面所の水漏れでパッキンを交換するときには

放置せずに対処しよう

 放置せずに対処しよう


洗面所から水漏れが起きたときは、原因を特定しなければ適切な対処法がわかりません。
多くは洗面所の蛇口に原因があります。
少しの水漏れでも放っておくと水道代が高くなったり、いずれ重症化して大規模な工事が必要になったりするため、すぐに直すことが大切です。
また、軽度であればパッキンを交換すると直ることもあり、素人でも作業ができるためチャレンジしてみてはいかがでしょうか。
パッキンが原因で漏れてくる理由は劣化です。
劣化によるトラブルは主に4つあり、吐水口からポタポタと垂れる、本体から漏れてくる、レバーやハンドルの下の方からじわじわと滲み出てくる、水栓の根本に水が溜まるといった現象が挙げられます。
これらはパッキンが劣化している可能性が高いため、交換しましょう。

変える時の手順


 変える時の手順


洗面所のパッキンを交換するときは、蛇口の種類に注意しなければなりません。
蛇口にはレバーを動かしてお湯と水が切り替わるシングルタイプとハンドルを捻るバルブタイプの2種類があります。
シングルタイプの作業手順は止水栓を閉めて水が出ないようにした状態にで、ハンドル部分を外していきます。
キャップやネジで固定されているため、工具を使って取り外していきましょう。
次にカートリッジとそれを抑えているカバーを外して、カートリッジの下にあるリングと一緒に重なっているパッキンを取り外し、新しいものをはめます。
そして、逆の手順で組み立て直し、止水栓を開けて完了です。
バルブタイプも止水栓を閉めてから、ハンドル上部にある目隠し用のキャップをマイナスドライバーを差し込んで外します。
そうするとネジとワッシャーが見えるため、こられを外してハンドルを外してください。
次にカバーナットが見えてくるため、傷を付けないように外し、カバーナットについているパッキンと座金を外して新しいものに変えて、逆の手順で組み立てなおします。
最後は止水栓を開けて水漏れが解消されたか確認をして完了です。
このような方法で新しいものに変えていきますが、原因がわからなかったり自分で対処できなかったりするときは業者に修理を依頼してください。

どんな小さな事でもお気軽ご相談ください。
京都全域対応
0120-300-330
出張見積り依頼・ご相談