洗面所の水漏れで確認する4箇所とは

洗面所の水漏れで確認する4箇所とは

確認する場所とは

 確認する場所とは


洗面所から水漏れが発生したときは原因を特定しなければなりませんが、どのように調べたらいいのかわからない人もいるのではないでしょうか。
わからないときは洗面所の4箇所を確認すると特定できるかもしれません。
その4箇所とは、蛇口本体、給水栓や給湯栓のつなぎ目、排水パイプのトラップ部分のつなぎ目、排水管です。
これらを一つずつ触ってみて水漏れが起きている場所を突き止めてください。
まずは、止水栓を閉めて水が出ない状態にした上で確認していきます。
止水栓は洗面台の下の扉の中にあることが多いため、ストック類を取り出して作業をしていきましょう。
ハンドル式であれば時計回りに手で回せば閉まります。
ドライバー式であればマイナスドライバーで時計回りに回してください。
必ず止水栓を閉めた上で作業しなければ、修理がしにくいだけでなく被害が拡大する恐れがあるため要注意です。

修理する際のポイント


 修理する際のポイント


止水栓を閉めたあとは実際に水漏れの修理をしていきますが、ポイントは接合部分が緩んでいれば工具を使ってしっかり締めること、劣化している部品があれば新しいものに変えること、ゴミなどを綺麗に取り除くことです。
蛇口本体に問題が起きている場合は新しいパッキンに交換しましょう。
このとき、分解した手順を覚えておくことが大切です。
分解した後に元に戻せなくなると被害が拡大するため、作業に自信がない人は業者にお願いしましょう。
給水管や給湯管に異常があるときはナットを締めなおしてください。
レンチを使えば閉まりますが、ナットを締めても解決しないときは接続部分のパッキンが劣化している可能性があるため、内部のパッキンを交換する必要があります。
パイプから水漏れが起きているときは液体パイプクリーナーを使ってつまっている異物を綺麗にしてください。
排水管から漏れているときは素人では対処できないため、業者に依頼しなければなりません。
基本的には洗面所の4箇所を確認すると問題が起きている場所がわかりますが、他の場所にトラブルが起きていることもあります。
その場合は、業者に調査をお願いしましょう。
素人では特定できない問題もしっかりと調べて適切に対処します。

どんな小さな事でもお気軽ご相談ください。
京都全域対応
0120-300-330
出張見積り依頼・ご相談