洗面所のつまりを原因別に解決する方法とは

洗面所のつまりを原因別に解決する方法とは

こんな症状が起きたら要注意

 こんな症状が起きたら要注意


洗面所のつまりは原因別に対処法が異なります。
まずはどのような症状が発生するのかを知り、問題を把握することが大切です。
主な症状は3つあります。
一つは、流れが悪くなることです。
完全に流れないわけではないけど、完全に流れきるまで時間がかかるという場合はトラブルが発生している可能性があります。
まだ使えるからといって放置せず、軽度のうちに解決することが大切です。
二つ目は逆流してくる症状です。
これは、つまり具合がひどくなっているかもしれません。
日常に支障が出ることもあるため、溢れ出してくる前に直しましょう。
三つ目は排水口からゴボゴボとした音がなるという症状が挙げられます。
普段聞き慣れない音がしたら注意してください。

トラブル別に直し方が異なる


 トラブル別に直し方が異なる


洗面所の排水管がつまりを起こす原因は主に汚れと固形物です。
髪の毛や皮脂、垢、石鹸のカス、埃などがトラブルの元であれば、ワイヤーブラシや排水管専用の洗浄剤を使って直します。
ホームセンターなどでも販売しているため、購入しましょう。
ワイヤーブラシを使う場合は排水口の中に入れてブラシを押し引きしたり回転させたりして排水管の内側に付着している汚れを落としていきます。
これを繰り返すと綺麗に落ちるはずです。
洗浄剤をつかる時は、パッケージや説明書に書かれている手順や量を守って使ってください。
また、洗浄剤がない場合は重曹とお酢でも代用できます。
固形物がトラブルの元であれば、それを取り除かなければ解決しません。
ヘアキャッチャーに引っかかっている可能性もあるため、チェックしてみてください。
このように洗面所は原因別に適切な対処法で修理をしていかなければなりませんが、原因別の対処法を知っていても実際に作業するのは困難なケースがあります。
例えば、排水パイプの中を掃除しなければならないなどです。
これはパイプを解体しなければならないため、素人ではできません。
無理に直そうとするとパイプが破損したり水漏れが起きたりなどの被害に発展する恐れがあるため、業者に依頼しましょう。
業者に依頼した方がスムーズに直ります。

どんな小さな事でもお気軽ご相談ください。
京都全域対応
0120-300-330
出張見積り依頼・ご相談