トイレつまりのときにやってはいけないこと

トイレつまりのときにやってはいけないこと

修理する前に知っておきたいこと

 修理する前に知っておきたいこと


トイレつまりが起きた時、慌ててしまう人が多いですが下手に触ると症状が悪化する恐れがあるため注意してください。
正しい直し方を知ることは大切ですが、やってはいけないことも知っておかなければなりません。
やってはいけないことの一つは、流れが悪くなっている状態でもう一度水を流すことです。
もう一回流せばつまりの原因も押し流されるようなイメージがありますが、二度流したことによって便器から汚水が溢れ出してくる恐れがあります。
汚水が溢れ出すと床が汚れたり、廊下にまで広がってしまったりするだけでなく、浸水して床材の張り替えが必要になり修理費が高額になることも少なくありません。
基本的に、水を流すと原因も流れていくことはないため、何度もレバーを回したりボタンを押したりするようなことはしないでください。

無闇に道具を使うのはやめよう


 無闇に道具を使うのはやめよう


原因がわからない状態でスッポンを使って直そうとするのもやってはいけないことです。
トイレのつまりを直す定番の道具ですが、使ってはいけないケースがあります。
それは、水に溶けないものが詰まっていた時です。
取り除かなければ解決しないため、スッポンを使ってしまうとより奥へ進んで取り出しにくくなります。
最悪の場合、便器を取り外すなどと大掛かりな作業が必要になることもあるため、無闇にスッポンを使うのはやめましょう。
水に溶けるものだとわかっている場合は使用しても問題ありません。
また、薬品の使用も控えてください。
配管を綺麗にする薬品がホームセンターやネットなどで販売されていますが、ほとんどの薬品は汚れを綺麗に落とすだけであるため、すでに何か詰まっている状態のトイレには効果がないのです。
そのため、日頃のお掃除として薬品を流し、尿石や汚物などの汚れを綺麗にするのは効果的ですが、トラブルが起きている場合は別の方法で対処する必要があります。
このようにやってはいけないことがありますが、それを知らないまま症状が悪化してしまった場合も、すぐに業者を呼んでください。
また、出来るだけ修理費をかけたくない人は軽度のうちに業者に直してもらうことが大切です。

どんな小さな事でもお気軽ご相談ください。
京都全域対応
0120-300-330
出張見積り依頼・ご相談