トイレつまりが起こる意外な原因とは

トイレつまりが起こる意外な原因とは

意外な原因とは

 意外な原因とは


トイレのつまりを引き起こす原因は様々ですが、意外なものが詰まっていたり意外なことが原因でトラブルが起きたりすることがあります。
例えば、トイレットペーパーや排泄物、お掃除シートなどです。
これらは便器に流しても問題ないものですが、一度にたくさん流すとつまりを引き起こします。
軽度であれば時間と共に溶けていくため、スッポンやお湯、重曹、クエン酸などで対処することが可能です。
少し流れが悪いと感じたら重症化する前に直しましょう。
また、何度もトラブルが起きないように一気に流さず、こまめに流すことが大切です。
何かを流して詰まらせる以外にも原因があります。
それは、タンクの故障です。
タンクの中には水の流れを制御するための部品が取り付けられており、一つでも劣化や破損していると流れが悪くなってつまりやすくなります。
流れが悪いと感じたら一つ一つのパーツを確認して問題がないかチェックしてみましょう。
また、部品そのものの状態が良くても、位置がずれていると正常に動きません。
正しい位置に戻して適切な量が流れるように直してください。

使い方を間違えないように要注意


 使い方を間違えないように要注意


節水対策の仕方を間違えることも原因です。
タンク内に水の入ったペットボトルを入れて流れる水量を調節している人も多いのではないでしょうか。
節水することはとても大切なことですが、便器は初めから最低限の水量が流れるように設計されているため、さらに制限すると本来流れていくはずのものが途中で滞ってしまうのです。
それを長期間続けていると、排水管にどんどん汚物などが蓄積されて重症化します。
いずれ便器から汚水が溢れ出してくるでしょう。
特に、節水型便器は通常のものよりも流れる量が少ないため、自分で水量を調整するようなことはしないでください。
このように意外なことでトイレつまりが起きることがあります。
気をつけていてもトラブルが起きることがありますが、日頃から使い方に気をつけることが大切です。
また、問題が起きた時はすぐに業者に連絡しましょう。
軽度のうちに依頼すると修理費も安く抑えることができます。
修理後は再びトラブルが起きないようにしてください。

どんな小さな事でもお気軽ご相談ください。
京都全域対応
0120-300-330
出張見積り依頼・ご相談