自分で直せない洗面所のつまりとは

自分で直せない洗面所のつまりとは

パイプに原因があるときは直せない

 パイプに原因があるときは直せない


洗面所を使おうと思った時に水が排水溝に流れていかないなど、つまりを起こすことがありますが、その原因は様々で自分では直せないケースがあります。
水が溜まって流れないと衛生面で問題が発生することや使いにくさを感じるものです。
すぐに直そうと素人では直せない状況で無理に修理しようとすると悪化し、大規模な工事が必要になるケースがあるため、判断を間違ってはいけません。
どのような場合に素人が直すことができないのかを知り、しっかり判断する必要があります。
自分で直せないケースとは、パイプ関連に問題が発生したときです。
洗面所の配管が何かの衝撃で曲がっていることや、老朽化している場合は自分で直すことができません。
構造を把握したりなどの専門知識が必要になるため、水道工事の業者に依頼してください。

プロにお願いしよう


 プロにお願いしよう


洗面所のパイプは洗面台の下に付いている収納スペースにある場合が多いです。
洗剤などのストック類を移動させると簡単に発見することができるでしょう。
樹脂や金属でできているパイプが見えますが、それはトラップです。
樹脂製であれば工具を使わないため、排水溝にピアスや指輪などの小物を落としてしまったり、汚れが溜まってつまりが起こったりしている時には取り外して除去することができます。
しかし、劣化していると少しの圧で折れる可能性があるため、触らずに水道工事業者に依頼することをお勧めします。
金属製の場合は取り外す際に必ず工具を使わなければなりません。
また、劣化すると錆びたり腐食して穴が空き、つまり以外にも水漏れなどのトラブルを引き起こすため交換をする必要があります。
工具を使って取り外しを試みる人もいますが、ナットというパーツが固着して簡単に回らないケースが少なくありません。
力ずくで無理やり回そうとすると折れるため、この場合も業者にお願いしてください。
このように素人では対処できないトラブルがあります。
自分で直せるかどうかわからない時は下手に触らずに最初からプロにお願いしたほうが安心です。
症状が悪化する前に依頼してみてはいかがでしょうか。

どんな小さな事でもお気軽ご相談ください。
京都全域対応
0120-300-330
出張見積り依頼・ご相談