洗面所の水漏れで確認する箇所とは

洗面所の水漏れで確認する箇所とは

はじめに行うこととは

 はじめに行うこととは


洗面所が水漏れした時、どのように対処するべきかわからない人も多いのではないでしょうか。
特に初めてトラブルが起きた人は慌ててしまうでしょう。
はじめに行うことは、洗面所のどこから水漏れが起きているか確認することです。
確認する箇所はいくつかあります。
一つずつ順番にチェックすると素人でも特定することができるはずです。
最初にチェックするところは蛇腹ホースです。
このホースは蛇口のレバーハンドルとシャワーの吐水口をつないでおり、洗面所の下に取り付けられていることが多いため発見しやすいでしょう。
ホースは丈夫そうに見えますが劣化したり物がぶつかることで破損することも少なくありません。
洗面台の下にある収納スペースにストック類を保管している人は、何らかの衝撃で破損する恐れがあるため注意してください。
単純に壊れているだけであればホースだけを交換すると改善されるイメージがありますが、単体では交換することができないため蛇口本体を取り替える必要があります。

一つずつチェックしていこう


 一つずつチェックしていこう


ホースに問題がない場合は、給水管や止水栓を見ていきましょう。
これらは根本がナットという部品で接続されていますが、そこから漏れてくることがあるのです。
蛇口から水を流していなくても漏れ続けてくる場合は工具を使ってナットを締め直してみてください。
それでも改善されないときはパッキンが劣化している可能性が高いため、新しいパッキンに交換をする必要があります。
給水管、止水栓に問題がないときは排水パイプを確認します。
このパイプは台の下にあるS字やP字の形に曲がりくねっており、トラップとも呼ばれているものです。
真っ直ぐに伸びていればつまりが起きることもありませんが、曲がっている部分に水を溜めて下水から悪臭や虫が上がってこないようにする大切な役割があります。
トラップ部分に付いている大きなナットが緩んでいると漏れてくることがあるため、締め直したり、パッキンを新しく買い替えたりしてください。
このような箇所を順番で確認していきます。
水漏れが起きている箇所を特定することができても、素人では修理できないことも少なくないため、水道工事業者に修理を依頼することが大切です。
症状が悪化する前に早い段階で依頼してみてはいかがでしょうか。

どんな小さな事でもお気軽ご相談ください。
京都全域対応
0120-300-330
出張見積り依頼・ご相談