トイレつまりが起こる前兆とは

トイレつまりが起こる前兆とは

大きなトラブルが起きる前に

 大きなトラブルが起きる前に


トイレつまりは突然起きることもありますが、通常は前兆があります。
その兆候に気がつかず、トイレを使い続けてしまう人が多いため突然つまりが起きたかのように感じるのです。
前兆に気がつくことができれば、軽度のうちに対処することができるため、どのような症状が現れるのか知っておく必要があります。
一つは、排水時に流れが悪くなるといった症状です。
レバーやボタンを使って排水しますが、勢いが悪いこともあるでしょう。
それは、自然現象ではなく目に見えない場所で何かが詰まっている可能性が考えられます。
それを取り除くか溶かさなければ流れが悪い状態が続くだけでなく、悪化して汚水が逆流してくる危険性があるため、注意してください。
取り除く必要性があるのは水に溶けないものが原因の時です。
スマホやおむつ、生理用品、子供のおもちゃなどが挙げられます。
これらは溶けることがないため除去しなければなりません。
溶かすことができるものはトイレットペーパーや流せるお掃除シートなどです。
ティッシュやウェットシートなどのペーパー類は溶けないため取り除く必要があります。

業者に依頼すると安心


 業者に依頼すると安心


排水した後に便器内の水位が上昇するのも、つまりの前兆です。
時間と共に引いていく場合は放置してしまいがちですが、水に溶けないものが原因だった場合はいずれ完全に詰まって便器から溢れ出してきます。
溶けるものが詰まっているときは、しばらく使用するのをやめて溶け切るまで待ちましょう。
お湯や重曹、クエン酸を注ぐと溶けやすくなるため、早く直したい場合はチャレンジしてみてください。
他にはゴボゴボといった音が聞こえてきた場合も注意する必要があります。
これは排水路の先に問題が起きているケースが多いです。
このように様々な症状が発生します。
自分で解決することができるのは、溶けるものが原因だった場合のみです。
手の届かないところに除去しなければならないものが引っかかると水道工事業者に修理を依頼して取り除いてもらいましょう。
溶けるものでも重症化すると素人では対処できないため、業者にお願いをすると安心です。

どんな小さな事でもお気軽ご相談ください。
京都全域対応
0120-300-330
出張見積り依頼・ご相談